ポイントカード、約3割の女性は「6〜10枚」を所持 よく使う枚数は男女ともに「2〜3枚」−ソフトブレーン・フィールド調べ

写真拡大

ソフトブレーン・フィールド株式会社は、株式会社クレディセゾンとの共同事業である「レシートで貯める」の10代〜80代のアンケートモニター5,367名を対象に「ポイントサービス」に関するアンケートを実施、結果を発表した。調査日は2014年2月1日。

対象者に持っているポイントカードの枚数を尋ねたところ、女性で1位となったのは「6〜10枚」の29.8%、次いで2位が「4〜5枚」(26.3%)、3位が「11枚以上」(24.3%)という結果に。

一方、男性では1位が「4〜5枚」の31.9%、次いで2位が「2〜3枚」(28.9%)、3位が「6〜10枚」(23.5%)となり、女性のほうが多くのポイントカードを持っている傾向にあることがわかった。

よく使うポイントカードの枚数については、「2〜3枚」が女性では51.5%、男性では61.7%でそれぞれトップに。「1枚」との回答においては、男性18.7%、女性9.8%と、男性のほうが約2倍となったのに対し、「4〜5枚」の回答においては女性30.7%、男性18.7%と、女性のほうが12ポイント高い結果となった。

よく使うポイントサービスの魅力について、女性で最も多かったのが「普段の生活に密着」(36.2%)、男性は「提携先が多い」(32.7%)であった。

ポイントの貯め方について、男女ともに1位となったのは「クレジットカードで支払う」、2位は「企業の行うアンケートに回答」、3位は「ポイントの貯まる店・サイトを積極的に利用」という結果に。それぞれの回答者の比率でみると、上位3位においては、男性に比べ女性のポイントが高い傾向にあった。

一方、回答率で男性が女性より高かったものの1位は「通信費などのインフラでポイントの付くサービスを選択」で、その差は1.5ポイント。それ以外では「電子マネーで代金を支払う」、「企業のキャンペーンに参加」、「旅行などでマイルを貯める」などの項目で男性の方がやや高い数字となった。