新しいグーグルマップでは経路検索が便利になった(提供:Google)

写真拡大

グーグルは2014年2月下旬から、地図サービス「グーグルマップ」を順次リニューアルする。

目的までのルートや所要時間を「自動車」「公共交通機関」「徒歩」といった移動手段ごとに表示できるようになり、店舗の検索も簡単になる。例えば、「表参道 イタリアン」と検索すれば、店の場所が口コミ情報と一緒に表示される。「おみせフォト」に対応した店舗では、ストリートビューと同様に店舗内を360度のパノラマ写真で見ることができる。「おみせフォト」は全世界で10万件撮影されており、そのうち日本が3万件を占める。

新機能自体は13年5月に米国で発表され、日本でも一部の利用者は「今すぐ始めてみる」というボタンをクリックすれば試験的に利用できるようになっていた。今回、この機能を数週間かけて全世界の利用者向けに本格展開する。

グーグルマップは世界で10億人、それ以外に携帯端末で3億人が利用している。