「酪農と乳の歴史館」に雪印コーヒー“ゆきこたん”グッズが展示

写真拡大

雪印メグミルクでは昨年50周年を迎えた同社の主力商品『雪印コーヒー』を擬人化した「オレたちの“ゆきこたん”プロジェクト」を実施している。

【関連:雪印コーヒー擬人化キャラ「ゆきこたん」がフィギュア化決定】

原型師の遠那かんし氏の“ゆきこたん”フィギュア


プロジェクトでは昨年4月に、雪印コーヒー擬人化キャラ“ゆきこたん”のデザインをイラスト投稿サイトを通じ募集。応募総数6843作品の中から優秀賞6作品を選び、さらには人気投票を実施。そして1位を獲得したCH3さん作の公式“ゆきこたん”イラストを原型師の遠那かんし氏によりフィギュア化し、11月11日の「雪印コーヒー誕生日」に合わせお披露目。さらには今年2月17日から、完成したフィギュアの3Dデータを特設サイト内で配布している。

なお、この1年のプロジェクト集大成として、これまで作られてきた“ゆきこたんグッズ”の数々が、北海道・札幌にある雪印メグミルク「酪農と乳の歴史館」で展示されている。

北海道・札幌にある雪印メグミルク「酪農と乳の歴史館」

雪印メグミルクによると、プロジェクトはこれで終わりということではなく、今後2ndシーズンも予定しているとか。詳細は後日改めて発表されるそうなので、今後どんな展開がされるか続報に期待したい。

参考:
「オレたちの“ゆきこたん”プロジェクト」サイト