[其ノ三 投信実践編2]利回り3%近く。NISA向きの資源国ファンド
安定性を重視しながらリターンも期待でき、為替差益も狙える

NISAも始まり、初心者が投信に挑戦することも想定されますが同ファンドは若い方、年配の方、そして初心者の方と幅広く対応。投資対象は資源国の債券、豪州やカナダが中心で、格付け別で見た場合、9割近い債券がAAAに該当します。

ポートフォリオの最終利回りも3%台と比較的高く、安全性を重視しながらも一定のリターンが期待できます。株式ファンドや新興国を投資対象としたものなどリスクが高いファンドに抵抗がある方や、今後、米国の出口戦略による米国債の価格下落を懸念し、米国債を中心としたファンドからの乗り換え先を模索している方も活用できそうです。

今後円安が進むシナリオも想定され、為替差益が期待できる点も魅力のひとつです。

DIAM高格付インカム・オープン(毎月決算コース)

設定日:2003年7月15日
基準価額:8466円
購入時手数料:上限3.15%
購入単位:販売会社が定める単位
決算日:毎月5日
販売会社:SBI証券、ジャパンネット銀行など

※2013年1月8日現在。購入時手数料は税込み。

【今月のテクニカル軍師】
内山貴博(TAKAHIRO UCHIYAMA)
ファイナンシャル・プランナー

内山FP総合事務所代表。CFP、1級FP技能士、九州共立大学経済学部非常勤講師も務める。



この記事は「WEBネットマネー2014年3月号」に掲載されたものです。