写真提供:マイナビニュース

写真拡大

電子書店パピレスが運営し、コミックから小説、実用書、雑誌、グラビアと幅広いジャンルの電子書籍を取りそろえている電子貸本サイト「Renta!」。特にコミックは、少年漫画、少女漫画、ティーンズラブ、レディース、青年漫画、4コマ、萌え、サブカル、ボーイズラブなど最も豊富なラインナップを誇っているが、今回はその中からボーイズラブコミックの2月の月間ランキング上位作品をピックアップして紹介していこう。

○花とうさぎ

411号室に住む相澤守は、うさぎの常にかぶり物をしている引きこもりで対人恐怖症の変わり者だ。この地区の配達担当になった貝塚運輸の新人・梶山亮太も毎日毎日、宅配を利用する守をいぶかしげに感じていた。ところがヒョンなことからうさぎのかぶり物の秘密を知った亮太と守が急接近。ご飯を一緒に食べる関係になったものの、事態は思わぬ方向へ……というところから始まる嘉島ちあきの『花とうさぎ』。セクシャルな表現は薄めで、純粋な男の子2人のラブストーリー的で爽やかな印象。"うさぎのかぶり物"という日常ならざるモノだけが、この作品を大きく担っている。最後は結局うさぎが"やっちゃう"のだが、読みやすい美しい筆致で、この手の作品が苦手な人もチャレンジできるかも。早めの展開でグイグイ引き込まれる内容は著者のテクニックか。文化祭でのピアノ演奏を巡る純愛(?)を描いた「あの笑顔をもう一度」、幼なじみの相思相愛を描いた「僕らの最大公約数」の2編のショートストーリーを同時収録。おまけの4コマも秀逸。

○みのりの手 その手でいかせて。スーパーラブマッサージ

スカーレット・ベリ子の『みのりの手 その手でいかせて。スーパーラブマッサージ』は、謎のイケメン整体師の"手"による密室ドラマ。辺ぴな場所に位置する重藤整体院には、一風変わったお客が多い。家業を次ぐ気もなく自分勝手でわがままなヤクザのイケメン2代目・大和辰之、他人が作ったイメージに無理矢理自分を重ね閉塞感を抱きながら仕事を続けるイケメン俳優・梅原優……そんな厭世的な患者たちを巧みな話術と、華麗なテクニックで癒していくのが、謎の整体師・重藤稔の仕事である。「Renta!」ではおなじみとなっている、毎月1話ずつ掲載の書き下ろし連載作品ということも手伝って、スピーディなテンポ感が好感。あんなに威張り散らしていたヤクザが一瞬で虜に!? 人前では取り繕うのが仕事のはずの俳優が自分をさらけ出して!? そんな思いっきり感情移入して読んでしまいたい危険な作品。果たして重藤稔の正体とは? どうやってそんなテクニックを手に入れたのか? そしていつも頭の片隅に存在する稔の気にする"ある人"とは? 今後の展開に期待。

○クロネコ彼氏のアソビ方

今月は作品3本がランキング入りと、今ノリに乗っている左京亜也のHOW TOシリーズ『クロネコ彼氏のアソビ方』。"地球の人口の0.001%は猫科動物に変身する猫科人間――"である。その猫科人間であり、幼なじみの正人が2代目社長として経営をする撮影用セット専門建築業者・坂上美術で働く真悟が本作の主人公である。物語は仕事で訪れた現場で実力派イケメン俳優・賀神圭市に出会うところから始まる。賀神に瞬く間に、そして見事に手なずけられた真悟だが、猫科人間を知る賀神の本来の姿とはいかに……。別名儀"右京あやね"で少女マンガを執筆しているということもあってか、どの絵柄も美しいタッチが印象的で、特にセクシャルな場面の描写が見事。シナリオ展開も面白いが--猫科の特徴が絶妙に描かれている――何よりエロシーン満載で、"ボーイズラブ史上最強のエロさ"の異名をとる本作。真悟が登場し"猫科"についてよく知ることができる『ネコ科彼氏のあやし方』も合わせて読まれたし。

4位は左京亜也の『ヒマなのでハジメテみます。』、7位に同じく左京の『クロネコ彼氏の甘え方』、9位は山本小鉄子の『ほんと野獣』などがランクインしている。なお2月のボーイズラブコミックランキングは以下のとおり。

文:大口八太郎