ヨーロッパ企画

写真拡大

劇団「ヨーロッパ企画」制作、上野樹里出演のドラマ『ヨーロッパ企画の26世紀フォックス』が、2月28日26:55からフジテレビで放送される。

【もっと写真を見る】

ヨーロッパ企画とフジテレビ、共同テレビジョンが組んで制作される同番組は、劇団主宰の上田誠が全体の脚本を担当するオムニバス形式のSFドラマ。各ドラマと映像作品は、劇団メンバーの上田誠、角田貴志、諏訪雅、永野宗典が脚本・演出を手掛け、劇団本拠地の京都でロケが行われた。さらに、映画『サマータイムマシン・ブルース』で同劇団メンバーと共演経験のある女優・上野樹里もゲスト出演する。

物語は、都内の超高層ビル屋上にある小さな掘立小屋にオフィスを構える映画制作会社「26世紀フォックス」を中心に展開。過去に「独自の技術によるSFX映画」を多く制作しているが、ヒット映画が1作もないこの会社に、上野演じる新入社員の沢野文子が「20世紀フォックス」と間違えて入社し、会社に疑問を抱きつつも次第に映画に出演するようになっていく様子が描かれる。「NO CG!」をテーマに掲げ、CG全盛期の時代にあえて手作りで制作された実験的SFドラマになるという。

京都を拠点とするヨーロッパ企画は、これまでに舞台作品『サマータイムマシン・ブルース』『曲がれ!スプーン』が映画化されたほか、イベントやテレビ、ラジオ番組の制作など、演劇の枠に捉われない活動を行っている。