総合地所が業界初「Tポイント」導入

写真拡大

総合地所はT ポイント・ジャパンとTポイントプログラム契約を締結し、分譲マンション業界として日本で初めてT ポイントサービスを2014年2月8日に導入した。

分譲マンションの購入だけでなく、モデルルームに立ち寄るだけでTポイントが貯まる「画期的なサービス」という。

対象物件を購入した人には1万ポイント

この分譲マンション業界初の取り組みを記念して、「〜業界初!総合地所でのTポイントサービス導入記念〜いまなら2倍!もれなく1000ポイントキャンペーン」を3月31日までの期間限定で実施中だ。モデルルームへ来場してアンケートに答えると、通常500ポイントのところ2倍にあたる1000ポイントがもらえる。さらに、対象物件を購入した人には1万ポイントがプレゼントされる。

同社によると、「認知度および利用率の非常に高い」Tポイントサービスを導入することによる、販売物件への来場および成約の促進と認知度向上がねらい。Tポイント・ジャパンにとっても、"衣・食・住"のライフシーンの中で重要な"住"の分野においてTポイント提供が可能となり、T会員への更なる顧客価値向上が期待できるという。

詳細は特設キャンペーンサイトまで。