photo credit: 401(K) 2013

写真拡大

お金の「そうなんだ!」「本当?」といったいろんなヒントをファイナンシャル・プランナーの筆者が紹介します。
今回は「クレジットカードの引き落としミスを避ける簡単な方法」。

「ウレぴあ総研」でこの記事の完全版を見る【動画・画像付き】

ときどき残高不足で引き落としミスをするとブラックリストに載るか心配です。実はとても簡単な方法でこれを避けることができるのです。

■クレジットカードのブラックリストに載らないように

現金を持たずとも買い物ができ、ネット決済の必需品ともいえるクレジットカードですが、誰でも経験があるのは「引き落とし失敗」でしょう。指定日に銀行口座に必要な金額が不足しており、1週間後ぐらいたってから、ハガキが届いて気づきます。初めてもらったときはとても焦るものです。

引き落としミスは、クレジットカードの信用情報に記録されるため、新しいクレジットカードを作ろうと思ったとき、審査ではねられることがあります。

私の周囲でも、キャンペーンなのでとクレジットカードを作ろうとしたら1年半前のとあるカードの引き落としミス1回のせいで、申し込みを拒否された人がいます。信用情報を取り寄せたら、本当にその1度きりだったそうで、カード会社によっては審査が厳しいことが分かります。ちなみに、同じカードを半年後にもう一度申し込んだらOKだったそうで、これは記録が消えたからでしょう。

今回はクレジットカードの引き落としミスの対策を少し考えてみましょう。

まず、銀行口座から引き落としができていないことにすぐ気がついたら、クレジットカード会社に連絡を取りましょう。銀行口座はそのままで再引き落としを掛けてくれる会社、指定口座に自分で入金するよう指示される会社、ATMで入金できる会社など様々ですが、オペレーターが支払いの方法を教えてくれます。一般に、自分から申し出て支払った場合はブラックリストに載らずにすむ可能性が高くなります。

お金を下ろそうとしたとき「あれ、なんか残高が多いな」と思ったら、これは要注意ですから、オンラインバンキングのWEB画面や通帳の記帳で確認をしてください。

しかし、もっと簡単に、引き落としミスをなくす方法があるのです。

■実は簡単! 銀行の普通預金口座を「一瞬マイナス」にする方法

クレジットカードの引き落としミスを避けるもっとも簡単な方法は、「ちょっとだけ定期預金」を組んでおくことです。

銀行の総合通帳では真ん中あたりに定期預金のページがありますが、普通預金の残高がゼロになったとき、実は定期預金の残高から一時的にマイナスを補ってくれる仕組みがあるのです。

この仕組み、「当座貸越」といわれます。一般的には90%をメドに利用でき、手続きは不要なことがほとんどです。つまり、10万円の定期預金があればマイナス9万円まで残高不足になっても安心というわけです。

最近の銀行はATMが便利になっており、定期預金もすぐ組むことができます。昔は銀行の窓口が開いている時間に行列しなければならず面倒でしたが、これほど簡単ならちょっとやっておくと安心です。

まずは「2〜3万円」でもいいので、定期預金を組んでみましょう。定期預金は解約できるし、元本割れもありませんので、ボーナスの残りが少しあれば作っておくといいでしょう。これで、「公共料金の引き落としが先にあって、1万円足りなかった」とか「3000円足りなかった」というようなわずかな残高不足でブラックリスト入りする恐れがなくなります。

お金を大きく増やすというより、失敗を減らす定期預金ですから、預け入れ期間は1カ月でも1年でもかまいません。預けっぱなしでいいなら、期間を長くしたほうが利息は高くなります。

可能であれば「10万円」くらいの定期預金を組んでおきます。これなら引き落としがいくつか重なったときの残高不足もほぼなくなります。ボーナス直後にどんと預けておくといいでしょう。一度預けておくと、何度も預ける必要はありません。ボーナスが多かったときや使う目的が少なかったときに、入れておくことをオススメします。

なお、マイナスになっているあいだ、銀行に対して利息がかかります。手数料のようなものですからこれは仕方ありません。ただし、実際には定期預金の残高がありますので、本来つく利息と銀行に払う利息が相殺されるため、払わなければならない利息はわずかになります。おそらく数円から数十円ですむはずです。気がついたら残高は入金して0円以上に戻しておきましょう。

同じような銀行のサービスで、「カードローンの自動融資」というものもありますが、これはオススメしません。最近のキャッシュカードはカードローンもセットされていることが多く、これを使って残高不足時には相当分について「勝手に借金」してクレジットカード会社などに支払いを行ってくれるものです。もちろん正味の借金ですから、借りた残高すべてに利息がかかってきます。超低金利の時代にけっこう利息を引かれることになりますので、避けておくのがいいでしょう。

「定期預金をちょっと組んでクレジットカードのブラックリストを避ける方法」は、別にクレジットカードに限られるわけではありません。電気代やガス代、家賃など、すべての引き落としミスを避けるためにも使えますので、いろんな局面に役立ちます。ぜひ「ちょっとの定期預金」を組んでおきましょう。


●住信SBI銀行 [ https://contents.netbk.co.jp/pc/help/help_yteiki_2_togashi.html ]
●みずほ銀行 [ http://www.faq.mizuhobank.co.jp/faq/show/47 ]

こちらのレポートもどうぞ!
「いつまでも返済が終わらない!」惨事になる前に。FPが教えるクレジットカード・リボ払いの落とし穴 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/10394 ]
【結婚】結婚式を挙げたい派注目!リアルな「結婚式貯金」事情 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/6806 ]
“オタク係数”○%以上はキケン!? FPが教える「お金と趣味」の理想バランス [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/17613 ]
自然とお金が貯まる! 経済評論家・山崎元が教える、爽やかにお金と付き合う方法 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/10146 ]
【クレカ】旅行代や出張費を安く抑える! 新幹線や高速道路で使えるおトクなカード [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/13409 ]