米国男子ツアー「ノーザン・トラスト・オープン」の最終日。松山英樹は3バーディ・3ボギーの“71”とスコアを伸ばせずトータル5アンダーの23位タイでフィニッシュした。
【舩越園子コラム】変える?変えない?
 最終ホールまで1オーバーで来た松山は18番でセカンドをグリーン奥に外すも、約7ヤードのアプローチを直接放り込みチップインバーディ。「まあ、どう打っても入らないと思ってましたけど(笑)」という一打でパープレーに持ち込んだ。
 松山はこれで昨年行われた「CIMBクラシック」の最終ラウンドで“74”を叩いて以来、PGAツアー13ラウンド連続でオーバーパーを打っていない。予選落ちはなく、4日間完走したトーナメントではすべてトップ25を外さない安定感を誇っている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>