人気株ランキングの適正株価 マザーズ&ジャスダック 36〜46位
2013年6月3日〜11月29日に主要ネット証券5社で売買された!直近6ヶ月、個人投資家人気株ランキング。
ぶっちぎりのツートップがガンホーとコロプラ。SNSゲーム株の乱高下にうまく乗れた個人投資家が勝利した新興株部門!

36位 そーせいグループ
現物28位 信用43位
東マ・4565/100株/3月決算

【診断】
外国人:15点
業績:15点
順張り:13点
上値:12点
NISA;16点
総合:71点

【適正株価】
5900円

【日経平均1万8000円なら?】
6300円

【前期実績】
赤字

【今期予想】
赤字

【DATA】
現在株価:4300円
配当利回り:―
PER:―
PBR:2.30倍

来期の黒字転換が濃厚。実績は十分のバイオ株
日欧で承認された慢性閉塞性肺疾患治療薬「ウルティブロ」の販売が開始され、来期の黒字転換が視野に。実績を伴ったバイオ株として株価も高値をキープ。昨年5月の高値6100円を目指す。

37位 地盤ネット
現物40位 信用31位
東マ・6072/100株/3月決算

【診断】
外国人:20点
業績:20点
順張り:7点
上値:11点
NISA;18点
総合:76点

【適正株価】
1607円

【日経平均1万8000円なら?】
2212円

【前期実績】
黒字

【今期予想】
黒字

【DATA】
現在株価:1361円
配当利回り:0.29%
PER:―
PBR:31.57倍

地盤補償までの一貫サービスが大好評
地震多発による地盤調査需要増で、毎年倍々ゲームで売上高も利益も続伸中。調査だけでなく地盤補償もセットにしたサービスの有望性を考えると株価1200円台は格好の仕込み時。

38位 C&Gシステムズ
現物35位 信用38位
JQ・6633/100株/12月決算

【診断】
外国人:14点
業績:13点
順張り:20点
上値:15点
NISA;16点
総合:78点

【適正株価】
1005円

【日経平均1万8000円なら?】
1917円

【前期実績】
黒字

【今期予想】
黒字

【DATA】
現在株価:849円
配当利回り:0.82%
PER:63.5倍
PBR:4.81倍

自動車&3Dプリンター関連で材料豊富
自動車向けの金型や金型装置を動かすCAD/CAMソフトの開発・販売を手がけるモノづくりソリューション企業。3Dプリンター関連株の側面もあり、底値からの反発上昇に期待できる。

※CAD/CAMソフト=グラフィックイメージを作成、修正するソフト。

39位 UMNファーマ
現物29位 信用45位
東マ・4585/100株/12月決算

【診断】
外国人:14点
業績:16点
順張り:11点
上値:15点
NISA;9点
総合:65点

【適正株価】
4234円

【日経平均1万8000円なら?】
7377円

【前期実績】
赤字

【今期予想】
赤字

【DATA】
現在株価:3320円
配当利回り:―
PER:―
PBR:4.99倍

冬から春に強いインフルエンザ関連株
昆虫細胞を使ったワクチン製造をコア技術に持つ創薬メーカーで、乳児や妊婦に対する安全性の高い季節性・新型インフルエンザのワクチンを開発。インフル流行時に株価急騰グセあり。

40位 フリービット
現物45位 信用33位
東マ・3843/100株/4月決算

【診断】
外国人:17点
業績:14点
順張り:20点
上値:20点
NISA;10点
総合:81点

【適正株価】
2465円

【日経平均1万8000円なら?】
2951円

【前期実績】
赤字

【今期予想】
黒字

【DATA】
現在株価:1909円
配当利回り:―
PER:389.5倍
PBR:7.99倍

SIMフリースマホの普及で株価大化けも
プロバイダー向け接続代行が主力で、格安スマホ販売を新展開。今期中間決算の業績上ブレ観測から株価は急騰した。携帯電話のSIMフリー化関連のニュースが出れば株価急騰間違いなし!?

※ SIMフリー=電話番号などの識別情報のICカード「SIMカード」の種類を選ばず使えるようにしたシステム。

41位 クラスターテクノロジー
現物44位 信用41位
JQ・4240/100株/3月決算

【診断】
外国人:10点
業績:18点
順張り:19点
上値:12点
NISA;16点
総合:75点

【適正株価】
832円

【日経平均1万8000円なら?】
877円

【前期実績】
黒字

【今期予想】
黒字

【DATA】
現在株価:723円
配当利回り:―
PER:158.2倍
PBR:2.17倍

3Dバイオプリンターという夢技術に期待
樹脂製インクジェット装置を使った精密成形部品を製造。一眼レフ向け部品が好調で業績は回復中だ。人工臓器を作る3Dバイオプリンターという夢の装置研究を行なっている点も魅力大。

42位 ユナイテッド
現物3位 信用83位
東マ・2497/100株/3月決算

【診断】
外国人:16点
業績:20点
順張り:20点
上値:15点
NISA;18点
総合:89点

【適正株価】
5142円

【日経平均1万8000円なら?】
4696円

【前期実績】
赤字

【今期予想】
黒字

【DATA】
現在株価:3295円
配当利回り:0.12%
PER:999.9倍
PBR:14.48倍

欧米でアプリ「CocoPPa」が大人気
スマホのデコレーションアプリ「CocoPPa」がそのかわいさから欧米で大人気。LINE関連子会社などにも出資しており、LINE関連株の一面もある。短期売買・長期投資ともに有望。

44位 ユビキタス
現物51位 信用40位
JQ・3858/100株/3月決算

【診断】
外国人:13点
業績:11点
順張り:14点
上値:12点
NISA;16点
総合:66点

【適正株価】
2190円

【日経平均1万8000円なら?】
3750円

【前期実績】
赤字

【今期予想】
赤字

【DATA】
現在株価:1930円
配当利回り:―
PER:―
PBR:8.65倍

車載装置へ業態転換図るも低迷続く!?
任天堂DS向け通信ソフトが主力だったが、DSの低迷で現在は村田製作所と自動車搭載の組み込みソフト開発に注力。来期まで4期連続赤字が見込まれ、株価も低迷。黒字転換待ちか!?

45位 日本アジアグループ
現物46位 信用47位
東マ・3751/100株/3月決算

【診断】
外国人:13点
業績:9点
順張り:16点
上値:18点
NISA;8点
総合:64点

【適正株価】
890円

【日経平均1万8000円なら?】
1344円

【前期実績】
黒字

【今期予想】
黒字

【DATA】
現在株価:739円
配当利回り:―
PER:13.3倍
PBR:17.36倍

エコ住宅の消費増税後の落ち込みが心配
子会社の国際航業が手がける航空測量と金融・不動産業が2本柱。今期はエコ一戸建て住宅販売が好調で大幅増益の見込みだ。株価は堅調だが、消費税増税後の住宅需要剥落が心配。

※前2013年3月期は2012年5月〜2013年3月の変則決算。

46位 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム
現物55位 信用39位
JQ・4281/100株/3月決算

【診断】
外国人:18点
業績:16点
順張り:16点
上値:14点
NISA;16点
総合:80点

【適正株価】
746円

【日経平均1万8000円なら?】
722円

【前期実績】
黒字

【今期予想】
黒字

【DATA】
現在株価:585円
配当利回り:1.02%
PER:19.5倍
PBR:1.00倍

スマホ向け検索連動型広告躍進で株価◎
博報堂DY傘下のネット広告代理店。ネット通販などパソコン向け検索連動型広告が好調だ。スマホ向けが伸びる来期も大幅増益が見込めそうで、持続的な株価上昇に期待。

※JQ=ジャスダック、東マ=東証マザーズ。
※株価データは、2014年1月7日現在。配当利回りとPER(株価収益率)は予想、PBR(株価純資産倍率)は実績の数値。

5項目(各20点満点)で総合100点満点で採点

 擲姐饋諭曚買う度
外国人投資家は、企業が保有する資産に対してどのくらい効率的に利益を生み出しているかに注目して投資するケースが多い。また、企業規模が小さすぎると買いにくいため、この点も加味した。

◆擽叛咫曚寮長度
アベノミクス相場では、利益の伸びに加え、売り上げの成長度合いも注目されている。コストカットで無理やり利益を出すのではなく、事業を拡大させながら利益をつくる、本来の成長企業が高得点をとるのだ。

【順張り】投資向き度
アベノミクス相場では、基本的に株価が上がっている銘柄を買う「順張り」投資のほうが成果を出しやすい。このため、株価が年初来高値を更新しているなど上昇トレンドの銘柄を高評価とした。

ぁ攵綯諭曚軽い度
上昇トレンドであっても、信用取引の買い残が多いなど、将来の売り圧力が高い銘柄は上昇余地が少なくなってしまう。このため、高値で買っている投資家が少ない、需給がいい銘柄を評価した。

ァ擅裡稗咤繊曚妨く度
2014年1月から始まるNISA(少額投資非課税制度)では、個人投資家は配当利回りが高く、財務が健全な銘柄に注目しやすいと思われる。この新規の資金流入が期待される銘柄ほど高得点。

【適正株価】
現在株価をベースに 銑イ裡宜猝椶凌巴之覯未魏談したうえで、各銘柄の株価水準として“適正”と思われる株価を算出した。適正株価が現在株価よりも高ければ割安なので「ホールド」もしくは「買い増し」、安ければ割高なので「売り」と考える。

【日経平均1万8000円なら?】
世界経済の回復、アベノミクスへの期待、円安の加速などにより、今後、日経平均株価が「1万8000円」になったと仮定した場合の株価を算出。もちろん各銘柄の日経平均への連動度合いも加味している。

【前期実績(or予想)/今期予想】
経常利益がプラスなら「黒字」、マイナスなら「赤字」マーク。前期赤字で今期黒字なら「黒字転換=黒転」であり、株価へのプラスのインパクトになりやすい。

ネット証券大手5社個人投資家ランキングのデータ抽出方法
個人投資家人気ランキングは、SBI証券、岡三オンライン証券、カブドットコム証券、松井証券、楽天証券(五十音順、敬称略)の協力を得て、2013年5 〜11月(7カ月分)の期間中の全売買代金データを集計。現物取引と信用取引(制度信用のみ)の売買データをもとにそれぞれを得点化し、その合計得点から総合ランキングを編集部で決定した。
※ 銘柄データに関する注記:現在株価、PER(株価収益率)、PBR(株価純資産倍率)、配当利回り、貸借倍率は、2014年1月8 日現在で、「適正株価」と「日経平均1万8000円なら?」の株価も同日の終値をもとに算出。「前期実績(or 予想)」「今期予想」は経常利益で、2013年12月12日までに開示された決算情報によるもの。チャートは12月12日現在。東マ=東証マザーズ、JQ=ジャスダック。

【銘柄分析を担当!】
小川佳紀
フィスコ 株式アナリスト

外国人投資家の動向や国策などのビッグテーマから、最先端技術や中小型株動向などのニッチなテーマまで幅広くリサーチ。緻密なデータ分析には定評がある。



この記事は「WEBネットマネー2014年3月号」に掲載されたものです。