人気株ランキングの適正株価 マザーズ&ジャスダック 47〜57位
2013年6月3日〜11月29日に主要ネット証券5社で売買された!直近6ヶ月、個人投資家人気株ランキング。
ぶっちぎりのツートップがガンホーとコロプラ。SNSゲーム株の乱高下にうまく乗れた個人投資家が勝利した新興株部門!

47位 ブロッコリー
現物54位 信用42位
JQ・2706/1000株/2月決算

【診断】
外国人:20点
業績:20点
順張り:19点
上値:18点
NISA;17点
総合:94点

【適正株価】
1200円

【日経平均1万8000円なら?】
1350円

【前期実績】
黒字

【今期予想】
黒字

【DATA】
現在株価:933円
配当利回り:0.96%
PER:21.4倍
PBR:11.82倍

「うたプリ」絶好調。株価大躍進も!?
美少女系に強いゲーム会社。「うたの☆プリンセスさまっ♪」のスマホ向け配信やアニメ新シリーズ発表で、業績は絶好調だ。クールジャパン関連としても人気で株価1000円台も視野に。

48位 省電舎
現物49位 信用51位
東マ・1711/100株/3月決算

【診断】
外国人:8点
業績:11点
順張り:18点
上値:20点
NISA;9点
総合:66点

【適正株価】
2310円

【日経平均1万8000円なら?】
2542円

【前期実績】
赤字

【今期予想】
黒字

【DATA】
現在株価:1938円
配当利回り:―
PER:72.8倍
PBR:7.43倍

今期黒字化でも急騰後の戻り売り圧力は強い
エネルギー削減補償ビジネスのパイオニア。LED物販やバイオガス発電も手がけ、今期黒字化を見込むが株価は割高。ただ、省エネが国策となる中、短期筋からの注目度は依然高い。

※LED=発光ダイオード。

49位 エニグモ
現物53位 信用57位
東マ・3665/100株/1月決算

【診断】
外国人:20点
業績:19点
順張り:8点
上値:14点
NISA;12点
総合:73点

【適正株価】
8031円

【日経平均1万8000円なら?】
1万3571円

【前期実績】
黒字

【今期予想】
黒字

【DATA】
現在株価:5880円
配当利回り:―
PER:47.2倍
PBR:15.25倍

急成長が続く。下落時の押し目買いが有効
海外在住バイヤーのブランド品、アパレル通販のSNSサイト「バイマ」を運営。スマホ利用が増えて会員数は150万人突破。手数料収入増で急成長が続き、押し目買いでの長期保有が有効。

51位 ファーストエスコ
現物60位 信用54位
東マ・9514/100株/6月決算

【診断】
外国人:18点
業績:18点
順張り:19点
上値:18点
NISA;7点
総合:80点

【適正株価】
853円

【日経平均1万8000円なら?】
843円

【前期実績】
黒字

【今期予想】
黒字

【DATA】
現在株価:621円
配当利回り:―
PER:12.0倍
PBR:13.22倍

過去最高益の連続更新で長期保有向き
省エネ支援とバイオマス発電が2本柱。再生エネルギーの固定価格買い取り制度の恩恵を受け、今6月期に続き来期も過去最高益の連続更新が濃厚だ。PER11倍と割安で長期保有向き。

52位 エー・ディー・ワークス
現物58位 信用58位
JQ・3250/100株/3月決算

【診断】
外国人:15点
業績:15点
順張り:12点
上値:17点
NISA;13点
総合:72点

【適正株価】
53円

【日経平均1万8000円なら?】
79円

【前期実績】
黒字

【今期予想】
黒字

【DATA】
現在株価:48円
配当利回り:0.72%
PER:39.6倍
PBR:3.73倍

中古マンションの再生を手がける超低位株
中古マンションの再生・販売を行なう株価40円台の超低位株。富裕層向けマンションの一棟売りが好調だ。既存株主への新株予約権発行で株式希薄化だが、来期業績好転なら株価急騰!?

53位 メディア工房
現物67位 信用50位
東マ・3815/1株/8月決算

【診断】
外国人:18点
業績:11点
順張り:18点
上値:17点
NISA;17点
総合:81点

【適正株価】
23万7878円

【日経平均1万8000円なら?】
23万1173円

【前期実績】
黒字

【今期予想】
黒字

【DATA】
現在株価:17万9500円
配当利回り:1.33%
PER:25.3倍
PBR:5.47倍

占い配信のスマホ展開は拡大余地豊富
携帯向け占いコンテンツ配信。iPhoneアプリやLINEへの配信が好調で増収が続く。市場ではLINE関連株の一角とみなされており、右肩上がりの株価上昇が今年も続きそうだ。

54位 アドバンスト・メディア
現物52位 信用68位
東マ・3773/100株/3月決算

【診断】
外国人:19点
業績:9点
順張り:17点
上値:17点
NISA;16点
総合:78点

【適正株価】
2510円

【日経平均1万8000円なら?】
3211円

【前期実績】
黒字

【今期予想】
黒字

【DATA】
現在株価:1847円
配当利回り:―
PER:―
PBR:6.07倍

音声文字化ソフトのスマホ採用に期待
音声認識ソフトなどを開発。音声を文字化する「AmiVoice」は、議事録作成や医療カルテ作成向けが好調。スマホ採用も進み、今期は赤字だが材料性は豊富。株価の一段高に期待できる。

55位 メディアシーク
現物62位 信用59位
東マ・4824/1株/7月決算

【診断】
外国人:13点
業績:14点
順張り:19点
上値:18点
NISA;15点
総合:79点

【適正株価】
14万7323円

【日経平均1万8000円なら?】
18万6775円

【前期実績】
黒字

【今期予想】
黒字

【DATA】
現在株価:10万2500円
配当利回り:―
PER:999.9倍
PBR:6.70倍

株価の長期低迷を完全脱出。上昇機運満点
2次元コード読み取りソフト「アイコニット」などのソフト開発やモバイル向けITソリューションを展開。前2013年7月期の黒字転換に続き今期も業績拡大の見込みだ。株価は長期低迷を完全脱出した。

※2014年2月3日付で売買単位を100株に変更予定。

56位 ファンコミュニケーションズ
現物74位 信用48位
JQ・2461/100株/12月決算

【診断】
外国人:20点
業績:19点
順張り:15点
上値:17点
NISA;16点
総合:87点

【適正株価】
4072円

【日経平均1万8000円なら?】
3573円

【前期実績】
黒字

【今期予想】
黒字

【DATA】
現在株価:3200円
配当利回り:0.43%
PER:54.4倍
PBR:22.21倍

スマホ向けアフィリエイト広告が大躍進
アフィリエイト広告で業界トップ。スマホ向けが大躍進中で、その成長性を買われて全体相場の影響をまったく受けない株価上昇が続きそう。年内に上場来高値の3865円更新が濃厚。

57位 ウエストHD
現物87位 信用37位
JQ・1407/100株/8月決算

【診断】
外国人:20点
業績:19点
順張り:9点
上値:17点
NISA;14点
総合:79点

【適正株価】
1658円

【日経平均1万8000円なら?】
1514円

【前期実績】
黒字

【今期予想】
黒字

【DATA】
現在株価:1438円
配当利回り:2.08%
PER:8.6倍
PBR:8.67倍

太陽光発電事業の躍進で、過去最高益更新中
広島県の住宅リフォーム会社で、近年は太陽光発電事業が急拡大中。太陽光発電の固定買い取り価格引き下げ報道で株価は急落したが、過去最高益が続くため押し目買いの好機だ。

※JQ=ジャスダック、東マ=東証マザーズ。
※株価データは、2014年1月7日現在。配当利回りとPER(株価収益率)は予想、PBR(株価純資産倍率)は実績の数値。

5項目(各20点満点)で総合100点満点で採点

 擲姐饋諭曚買う度
外国人投資家は、企業が保有する資産に対してどのくらい効率的に利益を生み出しているかに注目して投資するケースが多い。また、企業規模が小さすぎると買いにくいため、この点も加味した。

◆擽叛咫曚寮長度
アベノミクス相場では、利益の伸びに加え、売り上げの成長度合いも注目されている。コストカットで無理やり利益を出すのではなく、事業を拡大させながら利益をつくる、本来の成長企業が高得点をとるのだ。

【順張り】投資向き度
アベノミクス相場では、基本的に株価が上がっている銘柄を買う「順張り」投資のほうが成果を出しやすい。このため、株価が年初来高値を更新しているなど上昇トレンドの銘柄を高評価とした。

ぁ攵綯諭曚軽い度
上昇トレンドであっても、信用取引の買い残が多いなど、将来の売り圧力が高い銘柄は上昇余地が少なくなってしまう。このため、高値で買っている投資家が少ない、需給がいい銘柄を評価した。

ァ擅裡稗咤繊曚妨く度
2014年1月から始まるNISA(少額投資非課税制度)では、個人投資家は配当利回りが高く、財務が健全な銘柄に注目しやすいと思われる。この新規の資金流入が期待される銘柄ほど高得点。

【適正株価】
現在株価をベースに 銑イ裡宜猝椶凌巴之覯未魏談したうえで、各銘柄の株価水準として“適正”と思われる株価を算出した。適正株価が現在株価よりも高ければ割安なので「ホールド」もしくは「買い増し」、安ければ割高なので「売り」と考える。

【日経平均1万8000円なら?】
世界経済の回復、アベノミクスへの期待、円安の加速などにより、今後、日経平均株価が「1万8000円」になったと仮定した場合の株価を算出。もちろん各銘柄の日経平均への連動度合いも加味している。

【前期実績(or予想)/今期予想】
経常利益がプラスなら「黒字」、マイナスなら「赤字」マーク。前期赤字で今期黒字なら「黒字転換=黒転」であり、株価へのプラスのインパクトになりやすい。

ネット証券大手5社個人投資家ランキングのデータ抽出方法
個人投資家人気ランキングは、SBI証券、岡三オンライン証券、カブドットコム証券、松井証券、楽天証券(五十音順、敬称略)の協力を得て、2013年5 〜11月(7カ月分)の期間中の全売買代金データを集計。現物取引と信用取引(制度信用のみ)の売買データをもとにそれぞれを得点化し、その合計得点から総合ランキングを編集部で決定した。
※ 銘柄データに関する注記:現在株価、PER(株価収益率)、PBR(株価純資産倍率)、配当利回り、貸借倍率は、2014年1月8 日現在で、「適正株価」と「日経平均1万8000円なら?」の株価も同日の終値をもとに算出。「前期実績(or 予想)」「今期予想」は経常利益で、2013年12月12日までに開示された決算情報によるもの。チャートは12月12日現在。東マ=東証マザーズ、JQ=ジャスダック。

【銘柄分析を担当!】
小川佳紀
フィスコ 株式アナリスト

外国人投資家の動向や国策などのビッグテーマから、最先端技術や中小型株動向などのニッチなテーマまで幅広くリサーチ。緻密なデータ分析には定評がある。



この記事は「WEBネットマネー2014年3月号」に掲載されたものです。