まちの幸福論  コミュニティデザインから考える

写真拡大

料理に添える「つまもの」の生産販売で年商2億円を超える徳島県上勝町の「おばあちゃんの葉っぱビジネス」は、地域活性化の成功モデルとしてすっかり有名になった。地方の疲弊が叫ばれて久しいが、過疎化や高齢化に負けない元気を取り戻した秘密はどこにあるのか。ふるさと再生と日本復活のヒントをさぐる。

J−CASTニュースの新書籍サイト「BOOKウォッチ」(http://www.j-cast.com/mono/bookwatch/)でも特集記事を公開中。

ハコモノだけでは地域は再生しない

『まちの幸福論 コミュニティデザインから考える』

地域の活性化対策といえば、公園をつくったり、多目的ホールをつくったりと、ハコモノを増やすのがこれまでの行政の手法だったが、期待通りの効果はあったのか。そうでなかった負の遺産が全国のあちこちで見られる。では、どうすればいいのか。 NHK出版の『まちの幸福論 コミュニティデザインから考える』(著・山崎亮、NHK「東北発☆未来塾」制作班、1365円)は、地域に住む人たちがその使い道や活用法を自分たちで考えることの大切さを説く。

コミュニティデザインとは、地域の課題解決のために「人がつながる仕組み」をつくること。著者の山崎氏はコミュニティデザイナーとして各地のまちづくりをサポートしてきた。震災後の日本を考えるNHK Eテレの番組にも出演、そのドキュメントも収録している。

シャッター街再生へ本音の提言

『なぜ繁盛している商店街は1%しかないのか』

えっ、本当にそうなの。阪急コミュニケーションズの『なぜ繁盛している商店街は1%しかないのか』(著・辻井啓作、1575円)のタイトルを見て、多くの人はそう思うだろう。商店街の「シャッター街」現象はいまに始まったことではなく、様々な活性化事業が実施されてきたが、実際に繁盛している商店街はいまだに全国の1%しかない。これはなぜなのか。著者ならずとも声をあげたくなる。

商店街衰退の原因として必ずいわれるのが、郊外への大型店進出の影響だ。だが、それだけなのか。行政の補助金事業に頼るばかりで、集客や売上げを伸ばすために積極的にリスクをとることを避けてきたのではないか。コンサルタントとして各地の商店街活性化に携わってきた著者が本音で語る辛口の助言と提言である。

スペインの地方都市の食の革命

『人口18万の街がなぜ美食世界一になれたのか――スペイン サン・セバスチャンの奇跡』

世界無形文化遺産に登録された「和食」をもっともっと世界にアピールして「観光立国・日本」の目玉にできないか。祥伝社新書の『人口18万の街がなぜ美食世界一になれたのか――スペイン サン・セバスチャンの奇跡』(著・高城剛、819円)が紹介するスペインの小都市、サン・セバスチャンの成功物語はそのためのひとつのヒントを与えてくれる。

イベリア半島の付け根に位置するかつての高級保養地。食材に恵まれた土地ではあったが、世界中の食通たちが集まる美食の街として知られるようになったのは、ここ10年のことだ。きっかけは「ヌエバ・コッシーナ」と呼ばれる若いシェフたちによる食の運動だった。互いに協力しながら伝統にとらわれない新しい料理をつくり、食のレベルを飛躍的に向上させたのだ。日本の地方都市にも参考になりそうな話である。