<FedExCupポイントラインキング>
 米国男子ツアー「ノーザン・トラスト・オープン」終了時点でのフェデックスカップポイントランキングが発表された。
 同大会で2012年海外メジャー「マスターズ」以来となる優勝を挙げたバッバ・ワトソン(米国)は前週の21位から5位にジャンプアップ。また「AT&Tペブルビーチ・ナショナル・プロアマ」2位タイに続き、同大会でも単独2位に入ったダスティン・ジョンソン(米国)がジミー・ウォーカー(米国)に次ぐ2位に浮上。今季ここまで出場した4試合全てでベスト10入りを果たすなど安定感が光っている。
 日本勢では同大会を23位タイで終えた松山英樹が1ランクアップの26位。予選落ちを喫した石川は2ランクダウンの21位となっている。

【FedExCupポイントランキング】
1位:ジミー・ウォーカー(1,783pt)
2位:ダスティン・ジョンソン(1,184pt)
3位:ハリス・イングリッシュ(1,048pt)
4位:クリス・カーク(940pt)
5位:バッバ・ワトソン(914pt)
6位:ウェブ・シンプソン(871pt)
7位:ザック・ジョンソン(810pt)
8位:ライアン・ムーア(805pt)
9位:ケビン・スタドラー(782pt)
10位:パトリック・リード(686pt)
21位:石川遼(425pt)
26位:松山英樹(399pt)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
松山、伸ばせず23位タイも「予選通過を続けていくのが大事」
「ノーザントラストオープン」の最終結果はこちら
青木功、米ツアーで活躍中の松山英樹について「壁を破るのは本人次第」
美女をゾクゾク更新中!「今日の美ゴ女」
最新のギア情報や試打レポートはこちら