羽生結弦の金メダル獲得を韓国人選手クァク・ミンジョンも祝福…国境を越えた友情

写真拡大

韓国のフィギュアスケート選手クァク・ミンジョン(20)が羽生結弦(19)の金メダル獲得を祝った。

クァク・ミンジョンは16日、自身のInstagram(写真共有SNS)に「私の友人羽生、金メダルおめでとう」と書き込み、写真を掲載した。

公開された写真には選手たちの宿泊したホテルらしき場所で、一緒にカードゲームを楽しんでいる羽生結弦とクァク・ミンジョンの姿が写っている。二人はカードを手に持っており、羽生結弦はクァク・ミンジョンを見つめている。

写真を見たネットユーザーは「クァク・ミンジョンと羽生結弦、いつからそんなに親しい仲なの?」「クァク・ミンジョンのステージもみたい」「二人の友情がいつまでも続きますように」などの反応を見せた。

羽生結弦は15日(日本時間)、ロシア・ソチのアイスバーグ・スケーティング・パレスで開かれたソチ冬季五輪のフィギュアスケート男子シングル・フリープログラムで178.64点をマークした。前日のショートプログラムでマークした101.45点と合計して280.09点でトップに立ち、金メダルを獲得した。