<ノーザン・トラスト・オープン 2日目◇14日◇リビエラ・カントリークラブ(7,298ヤード・パー71)>
 カリフォルニア州にあるリビエラCCで開催中の米国男子ツアー「ノーザン・トラスト・オープン」の2日目。初日119位と大きく出遅れた石川遼はこの日巻き返すことができず通算4オーバー暫定101位タイで予選落ちとなった。
松山英樹、後半崩れるも23位Tで決勝Rへ「あとはドライバー次第」
 予選突破を目指し2日目に臨んだ石川はこの日INからスタート。2ホール目の11番でバーディ先行と絶好の立ち上がりを見せた。しかし、その後16番でボギーを叩き前半をパープレーで折り返す。後半も1番でバーディ、続く3番はボギーと一進一退。あがりの8番、9番もバーディ、ボギーでフィニッシュ。結局この日はスコアを伸ばすことができず4オーバーのままでホールアウト、2試合連続の予選落ちを喫した。
 初日不調だったショットが改善しフェアウェイキープ率、パーオン率ともに上昇した石川。本人も「そんなに悪い内容でなかったので」というようにパープレーながらまずまずの感触だった。しかし、この日は「ここまで3〜4メートルのパットが入らないの珍しい」とパットが足を引っ張り巻き返しに失敗。「すべて昨日の4オーバー」と本人もいうように初日の不調が響き今大会を終えることとなった。
 次は2週間後の「ホンダクラシック」に出場予定の石川、「1週間空くんで、それまでに出来ることをやっておきたい」と今週の悪い部分を修正し次の試合に備える意向だ。
 以下は石川のコメント。
 これよりももっと悪い内容でいいスコアや成績の時もあるし、このコースが自分にとって難しいコースであるっていう事だと思いますね。またいい調整して次の試合に臨みたい。
 ここまで3〜4メートルのパットが入らないの珍しいと思いました。自分でちゃんと狙ってところ打ててるのか自信があるわけではないけど、ラインを上から見るのと、カップ側から見るのと、見え方が違うときもあるし、そこがこのコースのグリーンの良さであり、ピンポジションの良さだと思う。そこに対応できなかった。チャンスにもう少しつけて、そこで決められれば。。。すべて昨日の4オーバー。今日のパープレー、そんなに悪い内容でなかったので。
 今度場所を移して、序盤戦の西海岸が終わって、今度東へ試合が移るわけですけど、この苦手意識のあるこのコースでうまく行かなかったっていうことが悔しい。また今後いいゴルフしたい。
 次、ホンダクラシック、1週間空くんで、それまでに出来ることをやっておきたい。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
雪ニモマケズ…JGFでコンパニオンさん撮影してきました!
ベ・サンムンが暫定首位!松山は後半崩すも23位Tに!遼は予選落ち
「ノーザン・トラスト」のリーダーズボードはここから!
ゴルフが好きな美人を紹介する「美ゴ女」続々と更新
女子プロの私服も公開!「写真館」