スーパーラグビーは、ラグビー強豪国のニュージーランド、オーストラリア、南アフリカの3カ国からなる南半球最高峰のリーグだ。現在は15チームが参戦しているとあって、「スーパー15」とも呼ばれている。前年度は田中史朗と堀江翔太(ともにパナソニック)のふたりの日本人が参戦し、注目を集めた。

 そして今シーズン、3人目の日本人スーパーラグビープレイヤーを目指すのが、24歳の立川理道(たてかわ・はるみち)である。今年1月17日、所属先のクボタから、ブランビーズへの留学が発表されたのだ。

 ブランビーズはオーストラリア屈指の強豪チームで、ニュージーランド勢の強さが目立った昨シーズンのスーパーラグビーでも準優勝と健闘した。ちなみに、現日本代表のヘッドコーチ(HC)であるエディー・ジョーンズも1998年から4年間ブランビーズの指揮を執り、2001年にはクラブ史上初の優勝を成し遂げた。

 そのブランビーズで日本人3人目のスーパーラグビープレイヤーを目指す立川だが、現時点でレギュラーが確定しているわけではない。日本はワールドカップに過去7度出場しているが、わずか1勝(1991年第2回大会でのジンバブエ戦)しか挙げていない。ジャパンの中核を担っている立川であっても、世界的にその名を知る者は多くない。そのため、プレシーズンキャンプでのアピールは必要不可欠で、立川も留学発表の2日後にブランビーズの本拠地があるキャンベラへと渡った。

 立川は奈良県天理市に生まれ、やまのべラグビー教室、天理中、天理高、天理大と"パスラグビーの総本山"と呼ばれる地で、「このタイミングで放れば、抜ける」という独自のパス感覚を身につけた。天理大の主将として2011年度の大学選手権で準優勝を果たすと、翌春にはジャパンに選出され、瞬(またた)く間にチームの中核となった。

 スタンドオフやインサイドセンターを務める立川は、身長180センチ、体重95キロの恵まれた体躯の持ち主だ。タックラーのもとに鋭くかけ込んでの突破ができ、相手をギリギリまで引きつけて精度の高いパスを放つことができる。ジョーンズHCは、「ランとパスが同じような高い能力できる。フィジカルも強くなっている。いまのインターナショナルラグビーではこのような選手はいない。また彼が素晴らしいことは、まだ若いということ」と立川を高く評価している。

 立川が世界に興味を持ったのは、2013年春の日本代表のツアー中だった。6月のウェールズ代表戦に向け、スーパーラグビーに参戦していた田中と堀江が合流。そこで、スクラムハーフとしてハイランダーズ(ニュージーランド)のレギュラーを争う田中はプレイ中のコミュニケーションの大切さを説き、レベルズ(オーストラリア)でスクラム最前列のフッカーを務める堀江はひとつひとつの接点で激しく格闘すべきだと言い続けた。いずれもスーパーラグビーでの実体験をもとにアドバイスするふたりに、立川は感銘を受けた。

 これまでもジャパンの中心選手として活躍してきたふたりだったが、その存在感の大きさは立川の想像をはるかに超えていた。彼らを変えたステージとは、一体どんなところなのか。今の自分が挑戦できる場所なのか。立川はそんな思いを彼らにぶつけると、「挑戦したいなら、早いうちに行くべき」と即答された。それならば......ジャパンのツアーが終わると、ジョーンズHCと所属チーム先であるクボタに相談を持ちかけた。幸い、ジョーンズHCがかつて指揮を執っていたブランビーズは、クボタと親密な関係にあった。夏場、あるトークイベントのゲストに招かれた立川は、こう口にしていた。

「行けるとしたら、ブランビーズですかね。クボタが提携していて、エディーさんとも深い関係にあるので......」

 成否については、ただただ祈るのみだった。インターネット上でブランビーズの人事問題に関するニュースが出るたび、自分の進退に関わるのではとやきもきすることもあった。しかし、本質的には「目の前の1試合、1対1の勝ち負けにこだわる」性分だ。いまの自分ができることは、与えられた場所で最高の働きを示すこと。そう考え、9月に開幕した国内のトップリーグに集中した。

 留学が決定的になったのは10月頃だった。しかし、下部リーグから3季ぶりに昇格したクボタにとって、トップリーグ残留は至上命題。チームの中心選手である立川を簡単に手放したくない事情もあった。立川自身も、チームに愛着を感じていた。そもそも大学時代に実力者として鳴らしていたのに当時下部リーグのクボタを選んだのは、1年先に入部していた兄・直道の存在も大きかったが、どこよりも早くスカウトしてくれたことに恩義に感じていたからだ。

「それ(チームの要望)を無視してまで行こうとは思わなかった。クボタの試合に集中することだけを考えていました。勝たないと、話は先に進まないので」

 リーグ戦の終盤になり、入れ替え戦を回避できたことで、正式に留学が決まった。

 ブランビーズは歴史的に、スタンドオフやインサイドセンターの選手が果敢に仕掛けるスタイルを貫いている。そういう意味では、戸惑うことなく、存分に持ち味を発揮できそうだ。また、日本人アスリートが海外で活躍するには語学力が必要とされるが、立川は「コミュニケーションを取らないと、パスを出す僕のポジションではやっていけない」と、週2回の英会話レッスンを重ねてきた。準備に抜かりはない。

 果たして、ジャパンのゲームメーカーは、異国の地でどんなプレイを披露するのだろうか。同じオーストラリアで戦ってきた堀江は、こうエールをる。

「(問題があるとすれば)フィジカルの部分だけじゃないですか。でも、それは向こうでついてくる。(現地での激しい当たりに)慣れてきて、身体も大きくなると思うんで。あとは全部、通用する」

 立川は、「何が通用して、何が通用しないかは、実際にプレイしてみないとわからない部分が多すぎる」と慎重だが、決意は秘めている。ゲインライン上でのせめぎ合いで力を発揮したい......。だから、こう語るのだ。

「パスの精度にはこだわっています。そこは負けたくない。通用するかどうかはともかく、そこで勝負するしかない」

 立川のスーパーラグビーへの挑戦は、"メイド・イン・奈良"の技術を世界に示すプロジェクトでもある。最高峰の舞台で、立川のパスは世界を驚かせることができるのか。ブランビーズの今季初戦は2月22日、ホームのキャンベラスタジアムで行なわれる。日本人3人目のスーパーラグビープレイヤーを目指す立川の挑戦が、間もなく始まる。

向風見也●文 text by Mukai Fumiya