<ノーザン・トラスト・オープン 初日◇13日◇リビエラ・カントリークラブ(7,298ヤード・パー71)>
 カリフォルニア州にあるリビエラCCで開催中の米国男子ツアー「ノーザン・トラスト・オープン」の初日。石川遼は1バーディ・3ボギー・1ダブルボギーの“75”と苦しいラウンド、4オーバー暫定119位タイと大きく出遅れた。
ゴルフフェアを生中継!ここからチェック!
 今大会で6回目の出場となる石川だが、過去5大会中32位タイが最高順位と成績を残すことができていない。そんな苦手なこの大会、今年も初日から苦戦を強いられている。
 この日の石川はパーオン率が44パーセントとショットが不調で苦しんだ。序盤こそは何とかパーをセーブし7番のバーディにつなげたが、次の8番ですぐにボギー叩きスコアを落としてしまう。その嫌な流れで後半に入ると、やはり一向に安定しないショットが足を引っ張り、12番でダブルボギー、13番ではボギー、そして最終18番でもボギーを叩き、スコアを大きく崩した。結局、初日は4オーバーでホールアウト、予選通過が厳しい状況となった。
以下は石川のコメント。
 まあ、自分で修正してきている部分でいいのと悪いのとがありましたね。11番12番からちょっとスイング合わないと思うようになりましたね。ウェイストマネジメントの時から直したいと思ったところ、先週も1週間やってきて、まだ悪いクセ出てきている。自分で修正出来きっていない。そこ直さないとダメですね。今日前半まではいい内容で回れていたんですけどね。また明日いいのが出てくれればいいですね。
グリーンの状態も予想はしてましたけど、午後スタートでよくなかったですね。
明日はスコア的には4つバーディ取って、ボギー0でも予選通るかわからないが、精一杯やりたい。
ドライバー自体はいいんですけど、スイングがね。体が開くのを修正したい。前半は悪くなかったけど、ちょっとタイミング合わないとダメですね。11番でミスして12番で修正出来なかった、という感じですね。11番では体が開いて左の木へ。(スイングが)まだ自分のものになっていない。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
松山英樹、粘りのゴルフでまずまずの発進!「いい粘りですね(笑)」
遼、「初日に集中して落ち着いてやる」
「ノーザン・トラスト」のリーダーズボードはここから!
ゴルフが好きな美人を紹介!「美ゴ女」続々と更新
女子プロの私服も公開!「写真館」