「何か持ってるんですかね」

 2月12日、ルスキエゴルキセンターで行なわれたノルディック複合ノーマルヒル個人のジャンプで2位につけた渡部暁斗は、微笑みながらこう語った。試合前の試技は97.5メートル。距離点とウインドファクターを合わせた得点は11位にとどまっていた。しかし、ソチ入り後の渡部のジャンプは悪くなかった。助走姿勢での尻の位置を1〜2センチ修正するなど、ほんの細かなポイントを意識すれば良いだけの状態まで仕上がっていた。

「試技のジャンプにしても、助走の滑りがしっくりいってなかっただけです。そこをしっかり修正したら自然にうまく飛べたので、空中姿勢と着地には自信があるから、『これはもらったな!』という感じでしたね。(本番は)ソチに来て一番いいジャンプだったと思います」

 追い風という不利な条件ながら100.5メートルを飛んで、飛型点も3人が19点(20点満点)を出す大ジャンプ。それまでトップだったエフゲニー・クリモフ(ロシア)との飛距離をタイム差に換算すると21秒突き放し、ライバルのひとりである昨季世界選手権3冠のジェイソン・ラミーシャプイ(フランス)には25秒差をつけたのだ。

 最後に飛んだ昨季W杯総合1位のエリック・フレンツェル(ドイツ)には103メートルを飛ばれたものの、向かい風だったために得点差は1.5点。後半の距離(10キロ)はフレンツェルと6秒差でスタートと、メダル獲得の可能性を大きくした。「何か持ってるかも」という言葉は、本番で会心のジャンプを出せたことを示しているのだ。

 後半の距離は、ジャンプのあとでフレンツェルと、「後ろの3位以下は15人以上の大きな集団になるから、ふたりで協力して逃げよう」と話をした。その思惑通り、スタート1キロ過ぎでフレンツェルに追いつくと、すぐに前に出て先頭を引っ張った。「スキーが滑り過ぎていたので、出るつもりはなかったけど出ちゃったんです。でも、そこでスピードを変に落とすよりも、スーッと前に出ちゃった方が力を使わなくていいし。自分のペースを保てたので良かったと思います」と、渡部は語る。

 クロスカントリーは、2.5キロを4周。1周目に29秒6だった後続集団との差は、2周目には21秒になった。さらに3周目に入ると、1分12秒差の25位でスタートしたバンクーバー五輪ノーマルヒル3位のアレッサンドロ・ピッティン(イタリア)が集団を引っ張り、6.5キロ地点では12秒9差にまで詰めてきた。だが、余力を残していた先頭のふたりは、それ以上の追い上げを許さなかった。

「いつものようにインフォーメーションを聞きながら、後続との差を測って走っていました。冷静さが僕の売りなんで(笑)」

 こう言って笑う渡部は、最終周回の最後の長い上り坂の手前でフレンツェルの前に出ると、ロングスパートをかけた。「最後までもつれ込んだらエリック(・フレンツェル)のほうが強いから、僕が勝つにはそこしかチャンスがないと思っていました。でも、それほど離せずに疲れてしまった。競技場の手前でエリックにスパートをかけられて負けたけど、思ったところで仕掛けて負けたので悔いはないです」

 フレンツェルよりスキーが滑っていたこともあり、ふたりで走っている距離の3分の2は、渡部が前に出て引っ張っていた。それも、悔いはないという。後ろの集団に追いつかれてしまえば、自分より走力のある選手ばかりなので、結果はどうなるか分からない。そうはさせずにメダルを確定させようと、自らが決断した走りだったからだ。

 狙っていたメダルを獲得した渡部は、「何か僕らしいんじゃないですか。2位というのも定位置に納まったという感じで」と言って笑顔を見せる。

 日本チームを率いる河野孝典ヘッドコーチは、渡部の強さをこう説明する。

「2シーズン前にW杯で4勝して総合2位になったけど、昨シーズンはそれほど調子が良くなかったのにもかかわらず、総合3位になっている。さらに今シーズンは、インフルエンザにかかるというアクシデントがあったけど、5回も表彰台に上がっている。そういう自信の積み重ねが、この結果につながっているのだと思います」

 年明けにかかったインフルエンザが治ってからは、それまで迷いのあったジャンプの助走の姿勢も、ピタリと決まるようになったという。病気になってしっかり休んだことで、溜まっていた疲労が抜け、身体もリフレッシュできたと語る。「寝ている間にジャンプなどのイメージトレーニングをしていたのか?」という質問に対し、渡部は、「いえ、何もやっていませんよ。寝ながらゲームをやっていただけですから」と応えて記者たちを笑わせた。

 五輪直前のW杯総合ランキングは2位。走りにさらなる自信をつけた今季は、普通にジャンプをすれば、走りで巻き返して表彰台へ上がれるという手ごたえを掴んだ。だが、そんな状態で迎えた五輪でも、渡部はこれまでに感じたことのないようなプレッシャーがあったという。

「僕がこの競技をやっているのは、技の追求や研鑽(けんさん)が一番の目的なんです。でも、そうやっている中で結果を出したことによって、注目されるようになり、金銭面や用具提供などでサポートを受けられるようになった。JOC(日本オリンピック委員会)のマルチサポートも受けるようになったし、日本スキー連盟の特A指定になって海外遠征にも出させてもらっている。そういうスポンサーの存在やテレビや新聞の取材を受けることも、結局は、『期待されているから』じゃないですか。だから、そういう期待に応えなければいけないんじゃないか......ということを考えた時期もありました。僕が競技に対して思っていることと違うところでのプレッシャーがすごくあったので、それは正直苦しかった」

 そんなプレッシャーや苦しさを抱えながら、渡部はソチの地で自分のやるべきことをやって、銀メダルを獲得した。だからこそ、それは決してフロックではなく、本当に自分の手で勝ち得たメダルだともいえる。

「とりあえずメダルを獲ってホッとしたけど、まだまだプレッシャーは感じていますよ。これからラージヒルも、団体戦もありますから」

 こう言いながら笑顔を見せる渡部だからこそ、ノーマルヒルの銀メダルに止まらず、ラージヒルや団体戦でもメダルを手にしてくれるのではないか――。そんな期待も膨らんできた。

折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi