3DSで快適なニコニコ動画視聴、本体機能活かし“飛び出すコメント”も。

写真拡大

ドワンゴとキテラスは2月14日から、ニンテンドー3DS向けに動画サービス「niconico」のソフト「ニコニコ」の提供を開始した。料金は無料。

今回提供を開始した「ニコニコ」は、ニンテンドー3DSで「ニコニコ動画」を見るためのソフト。ニンテンドー3DSの本体機能を活かし、上画面で動画を視聴しながら、下画面で関連動画などを探すことができるほか、タッチ操作だけでなくボタン操作にも対応し、快適な操作で動画視聴が可能だ。

また、ニコニコ初の「3Dコメント」機能を搭載しており、ニンテンドー3DSの立体視によって、動画上のコメントが飛び出ているように視聴することもできる。今後のアップデートにより、「ニコニコ生放送」の公式生放送や、チャンネル動画・チャンネル生放送にも対応する予定だ。

さらにニンテンドー3DSのすれちがい通信機能を活用した「すれちがいマーケティング」機能(略して「スレマ」)を搭載。自身が好きな動画や投稿した動画、所属しているニコニコミュニティ(自身の生放送番組やお気に入りの生放送番組のコミュニティ)を他のユーザーに宣伝することもできる。

そしてすれちがおうとして歩いた「歩数」をサーバーに送信することで、ランキングを形成する「スレマ努力ランキング」機能を搭載。すれちがいという「結果」よりもすれちがおうとした「過程」を評価する“完全努力主義”をモットーに、「すれちがった回数」などではなく、「歩数」でランキングを形成していく。このランキングは、パソコンやスマートフォン版niconicoにも掲載されるので、より多くのユーザーに宣伝することができる仕掛けだ。