三菱自動車の新型スーパーハイトワゴン『eKスペース』

写真拡大 (全2枚)

 ここ数年、国内の自動車需要を牽引するほどの売れ行きを見せる軽自動車。2013年の軽新車販売は、過去最高となる211万2991台(全国軽自動車協会連合会調べ)を記録。消費増税前の駆け込み需要も手伝って、その勢いはとどまるところを知らない。

 各メーカーが凌ぎを削る新型車開発や販売競争も一層激しさを増している。軽の中でも各社がもっとも注力しているのは、天井が高く室内が広い「スーパーハイトワゴン」と呼ばれるタイプだ。

 軽トップメーカーであるダイハツ工業の『タント』、2位スズキの『スペーシア』、ホンダ『N―BOX』など、いずれもスーパーハイトワゴンの売れ行きは絶好調。「コンパクトカーより広く感じて長距離ドライブも苦にならない」(30代軽ユーザー)といった普通車からの乗り換え需要さえ取り込んでいる。

 そんな上位3社に割って入ろうとしているのが、<日産自動車・三菱自動車連合>である。

 2月13日より両社の共同開発車第2段となるスーパーハイトワゴンの発売をそれぞれ開始。すべて三菱の水島工場にて同じプラットフォーム(車台)で製造しているため、基本的なフォルムやデザインは同じだが、内装やフロントマスクで両社の特徴を出し、日産は『デイズ ルークス』、三菱は『eKスペース』の車名で売る。

 自動車ジャーナリストの井元康一郎氏は、特に三菱eKスペースの商品力を高く評価する。

「軽らしからぬ質感の高いインテリアに三菱の意気込みを感じます。最近ではホンダのNシリーズがインテリアにこだわっているのですが、eKスペースも決して競合車種に見劣りしない出来栄えで、おもてなしの演出を目いっぱい詰め込んできた印象を受けました」

 その他、後部座席までエアコンの風を行き渡らせるサーキュレーターや、クルマの真上から見ているかのような映像を映し出すアラウンドビューモニター(eKスペースはオプション)などは共同開発のメリットを最大限に生かした装備。スケールメリットを追求しながら、付加価値や利便性の高さで他社のハイトワゴンを追撃する構えだ。

 三菱といえば、直近の第3四半期決算で前年同期比2倍強の経常利益を叩き出し、2014年3月期は実に17年ぶりとなる過去最高益を更新する見込み。

「ようやく長く暗いトンネルを抜け、新型車を続々と開発できる環境が整いつつある」(三菱関係者)ため、本来なら軽をはじめとする主力車種の生産能力を増強してもおかしくないのだが、そこはあくまで慎重になっている。

「eKスペースはすでに7000台の予約が入っており、それよりも多い日産への供給台数と併せると、生産が追いつかない状況になっている。でも、消費増税後の売れ行きがどうなるか見極められないため、無理に生産能力を増強せず、当面はいまできるフル操業をするしかない」(三菱幹部)

 増税後の軽需要の落ち込みについては、前出の全国軽自動車協会連合会も頭を悩ませており、2014年は前年比で12.3%、26万台の減少を予測している。来年には軽自動車税の増税も控えている。

 では、このまま軽自動車の販売は下降線をたどってしまうのか。

「それでも軽自動車は普通車に比べれば車体価格や維持費が安いうえ、車内の広さに象徴される快適性は驚くほど良くなっています。近所を乗り回すのに5人乗る必要がなければ普通車は要らないという軽ユーザー層が拡大している今、大幅な落ち込みはないと思います」(前出・井元氏)

 4月までに1台でも多く軽自動車を売ろうとデッドヒートを繰り広げる各社。だが、スーパーハイトワゴン市場も含めた真の実力が問われるのは、増税後なのかもしれない。

■撮影/横溝敦