iPS細胞、がん化リスクを克服

ざっくり言うと

  • 京都大の山中伸弥教授が、STAP細胞に関する声明を発表した
  • 最初のiPS細胞に比べ、がん化のリスクが大幅に減ったと指摘
  • 臓器や手足の再生に大きな可能性があるが、安全性や再現性について検証が必要とも

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング