声優・島崎信長が熱く語る! 乙女系ドラマCD『華ノ幕末 恋スル蝶』収録秘話インタビュー

写真拡大

ウレぴあ総研を見てくださっている皆さんには馴染みがないと思いますが、今オタク女子の中で大ブームになっているジャンルがあります。それは“乙女系”と呼ばれるもの。なんと自分自身が物語の主人公になって、イケメンの男性キャラクター達から口説かれてしまうのです!

「ウレぴあ総研」でこの記事の完全版を見る【動画・画像付き】

一度ハマってしまうとなかなか抜け出すことのできない世界を皆さんにご紹介。今回はドラマCDシリーズ『華ノ幕末 恋スル蝶』の世界と、新選組一番隊隊長沖田総司を演じた、声優の島崎信長さん(崎の字の正しい表記は公式プロフィールをご参照ください)のインタビューを紹介します。

■"ダミーマイク"で隣にいるような臨場感!

女性向けゲームブランド「aura」より、SNSの「GREE」にてプレイできる女性向け無料恋愛シミュレーションゲーム『華ノ幕末 恋スル蝶』。それがこの度シチュエーションドラマCDシリーズとなって声優により新たな命が吹き込まれ発売。

また、今シリーズではダミーヘッドマイクと言われる人間の顔を模したマイクを使って収録されており、イヤホンやヘッドフォンで視聴するとまるで隣にいるような臨場感が味わえるようになっています。

物語の舞台は幕末、京都最大の花街・島原。美しい遊女たちが艶を競う花園であると同時に、たとえ幕府の役人であろうと出だしが出来ない隔離された世界。

夜になり島原に明かりが灯ると、討幕を企む維新志士たちや日々の憂さ晴らしに来る新撰組隊士たちなど、夜な夜なさまざまな人が集まってきます。その中でも高級遊郭「華艶楼」(かえんろう)には“あの世の入り口”だという噂が。

主人公となるリスナーのアナタは華艶楼で働く新米花魁です。そんなアナタは「地獄の官吏」として死に逝く魂を査定するという秘密を持っています。アナタの目の前に現れた男は誰よりも死に近い。そこへ幕末を駆け抜けた男たちとアナタは逢瀬を楽しむというストーリーです。

2013年11月27日に『華ノ幕末 恋スル蝶 第一夜 土方歳三(CV:保志総一朗)』からシリーズで展開されています。すでに『第二夜 高杉晋作(CV:中井和哉)』、『第三夜 斎藤一(CV:菅沼久義)』が発売されています。

今回は第五夜に登場する沖田総司役の島崎信長さんにインタビューしてきました。本当に甘い言葉を囁かれているような気分にさせてくれる“乙女系”にハマってみてはいかが?

■物語が進めば進むほどより素敵になっていくキャラクターでした

――収録後の感想をお願いします。

島崎信長(以下、島崎):沖田総司というみんなが知っている歴史上の人物を演じさせていただけて嬉しかったです。ラブラブでハッピーっていうのを前面に出している作品が多い中でこのCDは、切なさや悲しさだったり、生と死というものが多く描かれてました。

この作品は地獄の閻魔や死神が関わってくる物語なので、史実の沖田総司の病とこの作品の死生観みたいなものが素敵にリンクしていました。とても楽しく演じさせていただいた作品でしたね。

――ダミーヘッドマイクでの収録はどうでしたか。

島崎:ダミーヘッドマイクって、マイクを主人公の女の子に見立ててその位置関係で話す場合が多いんです。でもこの作品の中では、モノローグや他の人と会話してるシーンもストーリーに含まれていて、その際もダミーヘッドマイクを使って収録したんです。

ダミーヘッドマイクを通常のマイクのように使っての収録はあんまり経験したことがなかったので面白かったです。どうしても眼の前がダミーちゃんだとそのときに会話しているキャラをダミーちゃんに見立ててしまって体が動きそうになってしまいました。

――今回演じた沖田総司の印象はどうでしたか?

島崎:最初は、浮世離れしていて飄々としていて死ぬのも怖くないっていうキャラクターなのかと思ったのですが、話が進んでいくとだんだん彼の人間らしいところや、弱い部分が見えてくるんです。

何も守るものがなかったから、大切なものがなかったから死に対しても強くいられたんだけど、大事なものができてしまったことで彼の弱さが表に出てくるんですよ。

そこからどんどん人間らしくなっていって、その人間らしい弱さから生まれた“生への執着”という強さも手に入れたりするんです。物語が進めば進むほどより素敵になっていくキャラクターでした。

■キャスト・スタッフみんなが一丸となって一つの作品に全力で取り組むその瞬間に、
たまらなく生き甲斐を感じます

――印象に残ったシーンはありますか?

島崎:最初は沖田がひたすら主人公を振り回しているのですが、沖田が主人公に惚れてからは、攻守が逆転したりするんですよね。その二人の関係が変化していく遣り取りが特に印象に残っています。

――“生と死”について強く描かれていますが「生きてるな!」って思う瞬間はどんな時ですか?

島崎:この仕事をしているときですね。キャスト・スタッフみんなが一丸となって一つの作品に全力で取り組むその瞬間に、たまらなく生き甲斐を感じます。

――逆に死についてはどのようなイメージを持ってますか?

島崎:僕は少なくとも今は考えても仕方ないなって思ってます。それに考え出すと、もしかしたら明日交通事故で死んじゃうかもしれないし、極端なことを言えば、1分後に隕石が落ちてきて死ぬ可能性だってあるんですよね。

もちろん健康に気を遣ったり、できることはちゃんとしたいと思いますが死に怯えてたり、あんまり死を意識し過ぎても仕方がないかなって思うんです。それよりも、今ある“生”をしっかり見つめて、前に進んで行きたいなと思います。

――最後にメッセージをお願いします。

島崎:この記事を読んでくださってありがとうございます。ウレぴあ総研さんではこういう記事を取り扱うのが初めてと言うことで、もしかしたら普段、シチュエーションCDというものに全く触れないという方もいらっしゃると思います。

このインタビューを見て興味を持っていただけたら嬉しいですし、宜しければお手にとって聴いていただけたら幸いです。すでに聴いてるという方は今後ともよろしくお願い致します。ありがとうございました。

【製品情報】
発売日:2014年3月26日
タイトル:「華ノ幕末 恋スル蝶 第五夜 沖田総司」
出演:沖田総司役(CV:島崎信長)
仕様:12cmCD / 品番:GSJG-0027 / JAN:4582402110229
定価:2,100円(税込)円 / 2,000円(税別)

こちらのレポートもどうぞ!
『ONE PIECE』『HUNTER×HUNTER』…こんなにある! 漫画の"休載・復活"事情 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/14416 ]
『黒子のバスケ』脅迫問題にみる、“リアル”に影響を与えた漫画の出来事 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/11086 ]
あの人とあの人が夫婦だった!? アニメ・漫画界の意外な結婚関係 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/20283 ]
実写化で期待以上?期待はずれ!? 2014年「人気原作の映画化」まとめ [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/19832 ]
【関ジャニ∞】最新LIVE&リサーチで徹底分析! エイトとエイターの揺るがぬ"結束力"の正体 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/20409 ]