日本時間の2月11日深夜、日本人選手のメダル獲得を待ち望むファンが大いに沸いた。スノーボード男子ハーフパイプで15歳の平野歩夢が銀、18歳の平野卓が銅メダルを獲得。一方、金メダルの大本命と言われていた女子ジャンプの17歳・高梨沙羅が、まさかの4位に終わった。翌朝、国内メディアはこのふたつのニュースを大きく報じ、日本中が10代の五輪アスリートに目を奪われた。

 しかし、同じく深夜にあったもうひとつの衝撃的なニュースは、意外なほどクローズアップされることはなかった。アイスホッケー女子・予選リーグB組第2戦、日本対ロシア――。同点ゴールと思われた判定が認められず、日本は決勝トーナメント進出の夢を絶たれたのである。

 アイスホッケー女子日本代表チーム――通称「スマイルジャパン」は、1998年の長野五輪以来16年ぶりとなる出場権を掴み取り、ソチの大舞台での飛躍を期待されていた。世界ランキング1位のカナダと2位のアメリカの実力は抜きん出ているものの、それ以下国々の実力は拮抗状態。世界ランキング10位の日本がメダルを獲得する可能性も十分に考えられた。

 そのためにも、まずは決勝トーナメントに駒を進めなくてはならない。予選リーグ第1戦、世界ランキング6位のスウェーデンと対戦した日本は、惜しくも0−1で敗戦。勝ち点を積み上げることはできなかった。よって次戦のロシア戦では、是が非でも勝つか引き分けて、第3戦以降に望みをつなげなければならなかった。

 第1ピリオドの11分39秒、日本はロシアFWブリナに先制ゴールを許し、1点のビハインドを背負うことになる。しかし、日本は試合内容で終始、押されていたわけではない。スマイルジャパンのキャプテンを務めるFW大澤ちほが、「スウェーデンより当たりが強くないのでやりやすい」と試合前に語ったように、世界ランキング4位のロシア相手に持ち前のスピードとパスワークで対抗。同点にするチャンスを虎視眈々と狙った。

 そして第1ピリオドの残り2分を切った18分すぎ、ついに日本はチャンスを掴み取る。カウンターから攻め込んだFW足立友里恵がシュート。こぼれ球をFW浮田留衣が押し込むと、ゴール前の混戦で倒れたロシアGKプルゴバの身体の下に入ったパックは、ゴールに入ったかのように見えた。しかしその直後、ロシアの選手がパックを掻き出し、ゲームは続行となった。

 これに対し、日本は猛抗議。会場のリプレー映像ではインゴールしているとしか思えず、日本は線審も交えて協議した。だが......、ドイツ人のニコル・ハートリック主審の判定は、「ノーゴール」。ビデオ判定もなく、日本のゴールが認められることはなかった。

 アイスホッケーの公式ルールでは、「得点に関する最終決定は主審が下すもの」となっている。ビデオ判定は、主審か、各ゴール後方に配置された2名のゴールジャッジが競技役員に要請した場合に行なわれる。スマイルジャパンを率いる飯塚祐司監督は、ビデオ判定を行なうよう訴えるも、ドイツ人の主審も、ふたりのゴールジャッジ(チェコ人とアメリカ人)も要請に動くことはなかった。

 1点のビハインドのまま迎えた第2ピリオドは、ロシアの猛攻に耐え忍ぶ展開となった。地元の声援を受けて、ロシアは積極的にシュートを連発。日本はGK藤本那菜の好セーブによって、何とか点差を広げられることなく、第3ピリオドまで持ち込んだ。

 そして迎えた最終ピリオド。日本はついにロシアの壁をこじ開けた。開始33秒、FW久保英恵のアシストを受けたDF床亜矢可が、右サイドから浮き球のロングシュートを放って同点に追いついたのである。その後も日本は逆転を狙うべく、豊富な運動量で主導権を掌握。リンクを縦横無尽に動き回り、ロシアを完全に翻弄した。

 しかし、勝利の女神が日本に微笑むことはなかった。11分36秒、パワープレイでロシアに攻め込んだ後の隙をつかれ、カウンターで決勝点を奪われてしまうことに。その結果、日本は予選リーグで2連敗を喫し、決勝トーナメントへの道は消滅した。疑惑のノーゴールについて、飯塚監督は試合後、「レフェリーに事情説明を求めたが、ビデオ判定まではいかなかった。ルール上、ノーゴールは仕方ない」とコメント。冷静に試合を振り返りつつも、表情には悔しさが滲(にじ)んでいた。

 それほど悔やみきれない疑惑の判定だった。

 なぜ、ロシアGKの身体の下に隠れたパックの位置を確かめようともしなかったのか。
 なぜ、問題のゴール裏にいたジャッジは明らかにインゴールに入ったパックを見逃したのか。
 なぜ、3人のジャッジはビデオ判定を拒否したのか。

 スポーツに"たられば"は禁物と分かっていても、世紀の国際舞台で生じた多くの疑問に、首をかしげた視聴者も多かったのではないだろうか。

 バンクーバー五輪の出場権を賭けた2008年11月の最終予選。アイスホッケー女子チームは最終戦で力及ばず、五輪の切符を逃した。あれから4年――。彼女たちは夢を叶えるため、絶え間ない努力を重ねてきた。仕事やアルバイトをしながらアイスホッケーの費用を捻出し、選手同士のコミュニケーションを高めるために多くの合宿に参加。また、メンタル面を鍛えるために専属コーチの指導を受け、自らを変えようと努力した。もし、あのゴールが認められていたら......。第1ピリオドで同点になっていれば、ロシアとの勝敗も変わったかもしれない。そしてロシアに勝って1勝1敗になっていれば、決勝トーナメントへの道も広がったことだろう。彼女たちはその可能性を信じて、必死に頑張ってきた。ソチ五輪までの4年間の努力を想像すれば、正直、悔しさを隠すことはできない。

 ソチ五輪の競技は次々と行なわれ、「幻のゴール」は多くの情報の中に埋もれてしまいそうだ。スマイルジャパンのニュースは、簡素に「予選敗退」と報じられるだろう。しかし、忘れてはいけない――。彼女たちはソチの舞台で、最大限に頑張った。その姿勢は声を大にして讃えたい。そして彼女たちの「最高のスマイル」は、4年後の平昌五輪まで楽しみにとっておきたいと思う。

スポルティーバ●文 text by Sportiva