王者のショーン・ホワイト(アメリカ)が得点を伸ばせず4位に終わり、平野歩夢と平岡卓が2位と3位になってメダルを獲得したという男子スノーボードの速報で沸いたジャンプ競技場のミックスゾーン。

 王者・ホワイト4位の驚きに続いて、今度はこちら側の驚きとなって降りかかってきた――。

 1本目3位からの逆転を信じていた高梨沙羅が2本目も98.5mに止まり、この時点でダニエラ・イラシュコ(オーストリア)に次ぐ2位にランクされたからだ。

 当然獲るだろうと思われていた金メダルを逃しただけではなく、メダルさえ逃してしまいそうな危機。1本目2位のコリン・マテル(フランス)は97.5mながらも飛型点で高梨を上回ってメダルを確定させると、最後のカリナ・フォクト(ドイツ)も97.5mながら、ウインドファクターの加点で逃げきり、初代五輪女王の座に輝いたのだ。

 高梨は結局4位。今季のW杯は13戦10勝で、世界ジュニア選手権も含めて表彰台を外したことはなかっただけに、誰にとっても予想外の結果の終わった。

 ソチ入りしてからの高梨は、絶好調といえる状態ではなかった。彼女が「ファーストコンタクトが重要」という最初の公式練習の1本目では98mを飛んで飛距離点とウインドファクターの合計得点ではトップに立ったが、その後はイラシュコに首位を奪われていた。それでも助走姿勢を修正し、3回目の公式練習だった本番前日には3本中2本で1位になり、もう1本は2位と、試合へ向けて順調な仕上がりを見せていたのだ。そしてこの日の試合前の試技でも、103mでトップだった。

 だが、この日の試合は追い風から横風、向かい風と目まぐるしく変化する難しい気象条件だった。

「今日は動きにキレがなかった気がする」と言う高梨は一本目のジャンプを、「少し長くジャンプ台をつかまえなければいけないのだけど、急激に立ち上がり過ぎてしまったというか、踏み切りで前に突っ込み気味になってしまう悪い癖が出てしまいました」と振り返った。それでも飛距離は100mまでいったが、条件は秒速0.3mの追い風。特にK点あたりは強めの追い風だったのか、寸前にたたき落とされてしまうような着地になり、課題にしていたテレマークを入れられなかった。

 1本目終了時点で、は2.7点差の3位。飛距離に換算すれば、わずか1.5mの差で、十分に逆転のチャンスはあったのだが、2本目もまったく同じような条件になってしまった。再び着地の直前でたたき落とされる形になり、両足を揃えた一足ランディングをするしかなかったのだ。

 高梨は、「自分でも着地の時は2本とも後ろから叩かれるような感覚はあったんですけど、上手な選手はそれでもテレマークを入れられると思うので。そこは私の力不足です」と反省する。

 結果を見れば、優勝したフォクトとは僅か4.4点差。さらに7位の伊藤有希でさえトップとは5.6点差と、これまでの女子の試合では見られなかったほどの接戦だった。

 高梨がいつものような、抜群の力を発揮できなかったことが要因のひとつではあるが、もしも彼女が普通にテレマークを入れて各ジャッジに18点前後を出してもらえていたなら、僅差でフォクトを上回る結果になっていただろう。

 昨年から最大の課題にして克服に取り組み、今季のW杯では安定感を増してきていたテレマーク着地だったが、最大の目標であったソチでそれを入れられなかったことが悔やまれる。

「夏から集中してやってきた課題だったので、本当に出来なければいけない時に出来なかったのは、自分の準備不足だと思うし、まだまだ練習が足らなかったというか、自分の力の足りなさを痛感しました」

 こう語る高梨は、これまで多少のミスが出てもそれをカバーできるアベレージの高さでこれまで勝利を重ねてきた。

 しかし、1月の札幌大会あたりからは、これまで小さな体であるにもかかわらず引けをとっていなかった助走スピードで、大柄な選手に差をつけられる傾向が出ていた。それがシーズン当初のような圧勝ではなく、競り合いで勝つという試合展開になっていた一因である。

 さらにこの日は、気温も湿度も高めだったことが高梨にとっては災いした。ワックスマンが助走路の氷温に合わせたワックスを選択してくれてはいるが、氷が緩んでくれば体重が軽くてスキーの短い高梨にはスピードを上げる術がなくなり、苦戦をするようになる。事実、優勝したフォクトや3位のマテルの助走速度は1km弱。2位のイラシュコには0.5kmほど劣っていた。

「ジャンプ選手というのは常に好調を続けていることは出来ない。このところ少し調子のネジが狂っている部分も見えたが、そういう時に五輪がきてしまった不運もあった」と斉藤千春ジャンプ部長は話す。それが一発勝負である五輪の難しさだ。

 だが決して、それで高梨が弱いという訳ではない。今回はたまたま勝負の女神が微笑まなかった。それだけなのだ。

「ブレーキングトラックで行なわれたフラワーセレモニーを見ていて、(メダルを獲得した)彼女たちも今まで一緒に戦ってきた仲間なので『おめでとう』という気持ちでした。そしてそれと同時に、自分もあそこに立ちたかったという悔しい気持ちでいっぱいになりました」

 大舞台での思いもかけなかった敗戦。高梨はその悔しさをバネに、これからさらに勝ち星を積み重ねていくはずだ。近い未来、高梨沙羅がこの"17歳の冬"をポジティブに振り返れる日がくることを期待したい。

折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi