青いパナソニックのジャージーが、次々と黄色いサントリーに突き刺さる。どこか『覚悟』を帯びた猛タックル。ふたり目が食い込み、押し戻す。ディフェンスから攻撃へ。

 11日のラグビー・トップリーグのプレーオフトーナメント決勝(秩父宮)で、パナソニックが45−22でサントリーに逆転勝ちした。

 3年前は「集団の力」で勝った。今回は「個々の力の結束」で勝った。その象徴が、スーパーラグビー(※)でプレーするフッカーの堀江翔太とスクラムハーフ(SH)田中史朗である。
※ニュージーランド(NZ)、オーストラリア、南アフリカ共和国の3カ国、計15のクラブチームで行なわれる世界最高峰の国際リーグ戦。堀江はオーストラリアのレベルズ、田中はNZのハイランダーズに所属。

 試合の流れを決めるビッグタックルは、後半の10分ごろだった。敵陣の左中間。百戦錬磨のサントリー・フランカー、ジョージ・スミスが切れ込んでくるところを、主将の堀江がぐいと踏み込み、左肩をスミスのみぞおちに突き刺した。そのままスミスを仰向けに倒し、自らはすぐに立ちあがって、さらに激しく足をかいて前に出る。

 教科書通りのタックルである。そのままラックを押し込み、サントリーの反則をもぎ取った。PGが決まって、リードは7点に拡がった。堀江はその後も体を張り、チームをプレーで引っ張った。終了直前には、相手ボールのスクラムをターンオーバーし、とどめのトライに結びつけた。

 完勝である。主将の重圧からの解放ゆえか、堀江は泣いた。よほどタフな試合だったのだろう、口元にべたりと血ノリがついていた。

 堀江が言う。

「うれし過ぎて、試合後、(チームメイトには)何も言えなかった。ノンゲームメンバー(試合に出ない選手)を含め、みんなの勝利です。パナソニックで新たな歴史をつくったのは非常にうれしく思います」

 かたや終了間際に交代したSH田中はノーサイドの瞬間、青色のベンチコートを着たまま、ベンチを飛び出した。166cmの体で転がるように駆け、歓喜の輪に加わる。こちらは笑顔。

「ほんとうに、やっと(優勝を)取り返したな、という感激でした。(三洋電機から)パナソニックにチーム名が変更になってから、ひとつもタイトルをとってなかったので......。いろんな方への感謝の気持ちがあふれてきて、はしゃいでいました」

 三洋電機からパナソニックに社名が変わったのが2011年度。その後、田中も堀江も、世界最高峰リーグの『スーパーラグビー』のクラブに入った。今は田中がニュージーランド(NZ)のハイランダーズ、堀江はオーストラリアのレベルズ。

 田中は忙しかった。1日のプレーオフ準決勝の後、NZに渡ってハイランダーズの練習に参加し、8日に帰国した。堀江がこの決勝戦の11日夜、田中は12日にそれぞれ南半球に向かった。おそらくふたりとも日本選手権ではプレーしないだろう。

「ハードスケジュールは言い訳にはならない」と、田中が胸を張る。

「堀江と僕が世界に出て、その選手がいるチームが負けてしまうと、世界の価値が下がってしまう。だから、何としてでも勝とうと心に決めていました」

 タフなリーグでもまれ、ふたりともたくましくなった。フィジカルがアップし、球際が強くなった。田中は激しいプレッシャーをかけられた中でも正確なパスを出せるようになり、堀江もコンタクトプレーがより強くなった。なんといっても、前に出る意識と力が高まった。『勇気』といってもいい。

 この日の後半の中盤の勝負どころで、パナソニックはゴール前でサントリーの12フェーズ(局面)に及ぶ波状攻撃を止め続けた。最後はPKをとられたが、ゴールラインは割らせなかった。堀江のタックルもだが、田中の周りの選手を動かすコールは厳しく、的確だった。

 攻めては堀江、田中の奮闘にリードされ、スタンドオフ(SO)ベリック・バーンズのゲームコントロールが冴えた。プロップ稲垣啓太、NO8ホラニ龍コリニアシ、WTB山田章仁らの個性もかがやいた。

 個々の力の充実はもちろん、選手獲得や環境の整備とも無関係ではない。例えば、スーパーラグビーで長年活躍したアシュリー・ジョーンズ氏が今季からフルタイムのストレングス&フィットネスコーチに付いている。

 田中にスーパーラグビーでの課題を聞けば、「ディフェンスをもっと強くしたい」と漏らした。これは日本選手の共通の課題でもある。

「ひとつひとつの小さいことを、もっともっとレベルアップしたいですね。向こうでは、どの選手も基本のトレーニングでしっかりしたスキルを身につけてから、その上の段階にいっているけど、日本では基本プレーができないまま次の段階にいくので試合でミスを犯してしまう。基本プレーをもっともっと、継続してやっていきたい」

 この意識の高さが、田中をより成長させるのだろう。ジャパンの躍進を考えると、サッカーのごとく、もっと多くの日本人選手が海外クラブに挑戦してはくれまいか。

 かつてジャパンのエディー・ジョーンズヘッドコーチも同じようなことを口にしていた。もちろん所属チームの理解があってのことだが、若者のチャレンジは尊いのである。

 田中が言葉を足す。

「日本人同士でやっていても、レベルは上がらないと思います。僕たちみたいに世界に出るとか、スーパーラグビーに日本のチームをつくってもらうとか。高いレベルの選手と試合をしないと自分のレベルアップはない。それを日本全体で考えていってもらいたいなと思います」

 田中は童顔ゆえ、少しでも年齢が上に見えるように口元に不精ひげを伸ばしている。もう数cm。ひげはそらないの? と聞けば、愉快そうに小さく笑った。

「日本をアピールするために何かしようかなと思っているんです。あごひげをずっと伸ばして、先っぽで結んだりするとか。あははは」

 なんだか、つい応援したくなる。29歳の田中、28歳の堀江......。若きラガーよ、大志を抱け!なのである。ジャパンの躍進のために。

松瀬学●取材・文 text by Matsuse Manabu