遅刻多く停職 都職員が逆転敗訴

ざっくり言うと

  • 12日、東京高裁は、遅刻の多さを理由に停職にされた男性側敗訴の判決を下した
  • 都に停職を取り消して約380万円の支払いを命じた一審判決を逆転させた
  • 男性は69回遅刻し、部下に出勤記録の修正を命じていたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング