吉祥寺バウスシアター 撮影:鎌倉あすか

写真拡大

東京・吉祥寺の映画館・バウスシアターが5月31日に閉館することがわかった。

【もっと大きな写真を見る】

約30年間にわたって吉祥寺で営業を続けてきたバウスシアター。映画の枠にとどまらず、音楽や演劇、落語など、様々なジャンルを横断する個性的なプログラムが開催されてきたほか、ライブ用の機材を用いて大音量で映画を楽しむ上映スタイル「爆音上映」発祥の地としても知られており、長年にわたって愛されてきた映画館だ。

なお、同館の閉館を飾るイベント『THE LAST BAUS〜さよならバウスシアター、最後の宴』が、4月26日から開催されることもあわせて発表された。同イベントではシアター1をメイン会場に据え、同館にゆかりのある作品や吉祥寺を舞台にした作品の上映を通じて30年間を振り返るプログラム『バウスを巡る映画たち』をはじめ、爆音上映イベント『第7回爆音映画祭』が開催される。さらに、映画館としての営業を終了した6月1日から、かつてのバウスシアターを思い起こさせるライブイベント『ライヴハウスバウス』が10日間にわたって開催される。

また、『第7回爆音映画祭』の上映作品リクエストが『爆音映画祭』のオフィシャルサイトで受け付けているほか、『THE LAST BAUS』の会場整理やチラシ配布、ポスター貼りなどをサポートするボランティアスタッフも募集中だ。詳細は『爆音映画祭』のオフィシャルサイトで確認しよう。