加藤条治 (撮影:フォート・キシモト)

写真拡大 (全4枚)

10日、ソチ五輪「スピードスケート男子500m」が行われた。

期待された日本のWエース。前回五輪銅メダリストの加藤条治は5位、同銀メダリストの長島圭一郎は6位に終わった。表彰台は、オランダ勢が独占した。

加藤は「悔しいです。届かなかったので残念でした」。そして長島は、「6位なので、話にならない。伸びしろもなく、限界かな」ともらし、落胆していた。

ほかの日本選手は、及川佑が15位。上條有司が20位だった。