CBR1000RR SP

写真拡大

ホンダは、オートバイの大型スーパースポーツモデル「CBR1000RR」のエンジンと車体各部の仕様を変更して総合性能を高め2014年2月14日に発売する。また、同モデルをベースに、車体の軽量化や専用サスペンションなどを採用をした「CBR1000RR SP」を受注生産車として同時に発売する。

各部の熟成を図った

CBR1000RRは、エンジンの吸・排気ポートの形状を変更し、従来モデル比4kW高い91kWの最高出力を誇る。また、新形状のウインドスクリーンを採用することで空力性能を高めるなど、各部の熟成を図った。エキゾーストパイプには、緻密な空燃比制御に貢献するO2センサーを新たに採用。排出ガスの浄化効果を高めるとともに、25.1km/L(60km/h定地走行テスト値)という燃費性能を実現した。電子制御式「コンバインドABS」を搭載したABS仕様車もタイプ設定している。

CBR1000RR SPは"The Edge of CBR"をキーワードに、一人乗り専用設計として開発された。前後サスペンションにオーリンズ社製を、フロントブレーキキャリパーにはプレンボ社製のモノブロックの4ピストンタイプを採用した。また、車体の鼓動をより感じられる専用シートや、軽量化したシートレールなどを装備している。標準装備の電子制御式コンバインドABSは、コーナー進入時のコントロール性を重視した前・後の制動力配分とし、タイヤのグリップ力をより引き出すことができるSP専用セッティングとした。

カラーバリエーションはCBR1000RRが、新色のパールグレアホワイト、継続色のグラファイトブラック、ロスホワイトの3色、CBR1000RR SPがロスホワイトの1色となっている。

メーカー希望小売価格(消費税5%込み)はCBR1000RRが142万8000円〜162万7500円、CBR1000RR SPが197万4000円。