「かんたん発信」は、画面のイラストアイコンを選ぶだけ!

写真拡大

パナソニックは、DECT準拠方式採用デジタルコードレス・普通紙タイプのパーソナルファクス「おたっくす KX‐PD703」シリーズを、2014年2月14日に発売する。

親機の液晶画面で受信したファクスを確認できる「見てから印刷」機能に加えて、約4.9型タッチパネル液晶を搭載し、便利で簡単に操作できる。

付属の手書きペンを使って、画面に直接手書きしてメモを残すことや、手書きのファクス送信を可能にした。また親機・子機ともに、大きなダイヤルボタンを新たに採用し、操作性を向上。さらに親機には、「かんたん発信」を新たに搭載し、よくかける電話番号を6件まで登録。画面のイラストアイコンを選ぶだけで発信できる。

ワンタッチダイヤルと違い、アイコンで宛先を確認できるので、より簡単に電話がかけられる。子機も、大きな文字と大きなボタンで使いやすい「かんたん子機」。

窓センサー(別売品:KX‐FSD10)やドアセンサー(別売品:ECID20A)との連携や、中継アンテナ(別売品:KX‐FKD2)2台の連結接続にも対応している。

オープン価格。