ソチ五輪の大会3日目、2月9日に行なわれた男子スキージャンプノーマルヒルで、葛西紀明は1本目で8位。3位と3・6点差で、十分メダルを狙える位置だったが、2本目は「やっぱり力が入っちゃいましたね。1本目にもっと上位だったら、メダル争はいい勝負になると思うけど、僅差でも8位からとなると『逆転してやろう』と力が入ってしまう」と、納得できるジャンプではなかった。

「1本目の踏み切りのタイミングの遅れは50cmくらいだったのに、2本目は1mくらいになってしまいましたね」と言って苦笑いを浮かべた葛西は、結局8位でノーマルヒルを終えた。

 葛西の1本目のジャンプは、力みがまったくないスムーズな踏み切りで空中へ飛び出していた。追い風0・12mの条件で、飛距離は全体3番目の101・5m。105・5mを飛んだカミル・ストッフ(ポーランド)が142・0点を獲得して頭ひとつ抜け出していたが、2位以下は102・5mから99mの間に10人がひしめき、2本目で競り合う形になった。

 その接戦のなか、葛西は2本目に100mを飛んだが、風速は0でウインドファクターの加点はもらえず、順位を上げることができなかった。それでも「たしかに悔しいけど、昨日の練習と予選の変なジャンプから比べて、少しずついいジャンプができるようになりました」と笑顔を見せる。

 ソチ入りして以来、葛西は2度の公式練習を欠場していた。「疲れないように」という理由からだ。大会直前のW杯ランキングは3位で予選が免除になる、という理由もあった。そのために予選が行なわれた8日がソチでの初飛びになったのだ。

「そうしたら変なジャンプをしてしまって......。それでちょっと悩みかけましたけど、悩んでもしょうがないと思ってビデオを見返しながら修正点を探したんです。今日の試合前の試技で自分がダメだと思っていたところを直して飛んでみたら、ジャンプ自体は全然ダメだったけど飛距離は97・5mまで伸びた。それで『これならいける』という手応えをつかんだんです」

 修正したのは、クラウチングの姿勢だった。ソチのなだらかな助走路に対応しようと、助走路の斜度が極端に緩やかなビショフスホーフェン(オーストリア)の助走路をイメージして低く組んだことで、本人が言う「変なジャンプ」になっていたのだ。そのため、この日はクラウチング姿勢の尻の位置を2〜3cm上げて、W杯バットミッテンドルフ(オーストリア/昨年12月)で優勝した時に近い姿勢に戻してみたという。

 すると、昨日は他のトップ選手に負けていた助走スピードが上がり、試技ではトップに時速0・1キロ差の2位。1本目と2本目も0・3〜0・4キロくらいの差になり、「助走でスキーにうまく乗れているのがわかったんです。そうなると踏み切りで失敗しても、あそこまで飛べる。失敗して8位ということに満足してはいけないですけど、良かったなという感じです」と葛西自身、修正できている自覚があった。

 葛西は、踏み切りのタイミングが遅れた理由についても、「助走のクラウチング姿勢で尻を少し上げたため、重心がつま先寄りになって、動作が少し遅れたから」と分析できている。その微妙な感覚は「これから練習で飛んで修正できると思いますし、ラージヒルになれば助走スピードが上がるため、かえって修正はしやすくなる」と言う。

 8位入賞に終わったとはいえ、結果を見れば100mジャンプを2本揃えたのは優勝したストッフと葛西だけ。2本とも風の条件はほぼ同じという中で、合計得点では22・8点の大差がついたが、葛西は「ストッフとの差はほとんどないはず」と言う。

「2本目のジャンプは僕もストッフも同じ風の条件で、(飛距離で)3・5m負けているけど、それは僕のミス。あの風速ゼロの条件なら、うまくいけば104〜105mはいけたと思うんです。その感覚で踏み切ったけど、その瞬間にガクンとなったので、『あっ、遅れた』となってしまって......。ノーマルヒルは助走スピードが遅いのでタイミングを合わせようと考えすぎてしまうけど、ラージヒルは速くなって考える暇もないから、かえってタイミングを合わせやくなるんです」

 ノーマルヒルは飛距離も短く、空中で受ける浮力も小さい。勝つためには、正確な技術と踏み切りでしっかりとジャンプ台に力を伝えて立てるパワーが必要になる。だが、今の葛西は、W杯バットミッテンドルフのフライングヒル(ラージヒルよりさらに飛距離が出る台)で優勝したように、抜群の空中感覚を武器に、飛距離の長いジャンプ台で強さを発揮する。その点で、ノーマルヒルよりもラージヒルのほうが、葛西は持っている力を出しやすいと言えるのだ。

「今日の試合前に、まだ日本はメダルがないので、ここで一発メダルを獲って、勢いを付けてやろうと思っていたんですけど......。それができなかったのは残念でした。1位から3位までのフラワーセレモニーを見て、すごく悔しかったですね。だから次のラージヒルではお返ししてやらなければ、と思いました」

 そう言って微笑む葛西は、ノーマルヒルで確かな手応えを得たようだ。

 また、今回のソチでは、過去6回とは違った五輪の楽しみ方もできるようになったという。主将として開会式に参加し、ノーマルヒルの試合前日には女子モーグルの上村愛子の応援にも出かけている。これまで出場した五輪ではなかったことだ。

「他の競技を見てみたいという気持ちもあったから、今回は今までの五輪とは違う楽しさを感じられていますね。それは主将に任命されたというきっかけもあるけど、W杯で優勝して自信を持てたということも影響していると思います」

 次に出場するラージヒルは15日。7回目の五輪で、精神的なゆとりを感じさせる葛西のビッグフライトに期待したい。

折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi