ふなっしーがアクションフィギュアに

写真拡大

船橋市の非公認ゆるキャラ「ふなっしー」を、「ねんどろいど」フィギュアなどで知られるグッドスマイルカンパニー(グッスマ)がフィギュア化することがわかった。

試作品が千葉・幕張メッセで2014年2月9日開催の「WONDERFUL HOBBY LIFE FOR YOU!! 19」(ワンホビ)に展示された。

「スッと」動き、「ピシッ」と決まる

同社のワンホビ公式アカウントに掲載された写真からは、きぐるみのシワや名札のステッチまでしっかり再現され、細部にまでこだわっている様子が見て取れる。

商品名は「figma ふなっしー」とある。figmaはマックスファクトリーが企画・開発しグッスマが販売するアクションフィギュアシリーズの名称だ。公式サイトの説明によると、その特徴は専用設計された関節パーツにより「気持ちよく『スッと』動き、望みのポーズが『ピシッ』と決まります」。となると、ふなっしーの飛び跳ねる、投げ飛ばされる、転がされる、といったキレッキレの動きが再現できてしまうのだろうか?

ツイッター上では写真を見たユーザーらから、さっそく「奇跡の商品化!」「欲しい!」「かわいい…だと!?」と喜ぶ反応が相次いでいる。

14年中に発売予定。詳細は未定。