<FedExCupポイントランキング>
 米国男子ツアー「AT&Tペブルビーチ・ナショナル・プロアマ」終了時点でのフェデックスカップポイントランキングが発表された。
 最新ランキングでは同大会で今季3勝目を達成したジミー・ウォーカー(米国)が首位をキープ。同大会のポイントを加算して2位のハリス・イングリッシュ(米国)に757pt差をつけ、独走態勢を築いている。
 その他、順位を挙げた主な選手としては同大会2位タイのダスティン・ジョンソン(米国)が前週の8位から4位にランクアップ。また4位タイのジョーダン・スピース(米国)も前週の19位から14位に順位を挙げている。
 先週出場のなかった日本勢は軒並みランクダウン。石川遼が3ランクダウンの19位、松山英樹も3ランクダウンの27位にそれぞれ順位を落としている。

【FedExCupポイントランキング】
1位:ジミー・ウォーカー(1,733pt)
2位:ハリス・イングリッシュ(976pt)
3位:クリス・カーク(940pt)
4位:ダスティン・ジョンソン(884pt)
5位:ウェブ・シンプソン(870pt)
6位:ザック・ジョンソン(810pt)
7位:ライアン・ムーア(805pt)
8位:ケビン・スタドラー(736pt)
9位:パトリック・リード(686pt)
10位:ブライアン・ストラウド(629pt)
14位:ジョーダン・スピース(528pt)
19位:石川遼(425pt)
27位:松山英樹(354pt)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
【舩越園子コラム】“嵐”に勝ったジミー・ウォーカー
「ぺブルビーチ・ナショナルプロアマ」最終結果はこちら
タイガー、姪のシャイアンの勝利に「君を誇りに思う」
最新のギアニュースと試打レポートはここからチェック
今週はゴルフバーの美人キャディがゾクゾク登場!「今日の美ゴ女」