市民ランナー・中島彩の「続・東京マラソンへの道」

 みなさん、こんにちわ! 『走るフリーアナウンサー』の中島彩です。2月14日はバレンタインデー! 気になる彼や、旦那さん、そしてお父さんにチョコレートをあげる方も多いでしょうね。「チョコをあげるよりも、もらいたい(笑)」という私は、ちょっと変わったマラソン大会に参加してきました。なんと、「チョコを食べながら走りたい!」という希望を叶えてくれる大会なんです。というわけで、今回のテーマは、「RUN×バレンタインチョコ」。チョコを食べるだけでなく、今までにない体験もしてきましたよ!

☆カロリーはプラスマイナス=ゼロ?

 今回、私が参加したのは、「チョコラン2014 in 東京」というマラソン大会で、チョコランとは、「チョコレートを愛する人のRUN」なんだそうです。行なわれた場所は、東京・お台場にある潮風公園。バレンタインデーが近いこともあってか、大勢のチョコ好きが集まっていました! 私も普段から走ったご褒美にコンビニで20円チョコを買うほどの「チョコ好き」。夢のようなマラソン大会があるということを知って、すぐさまエントリーしました!

 今回の大会は2キロ、5キロ、10キロのレースがあり、1周2キロのコースを周回するものでした。そのコースの途中に、「エイドステーション(給食所)」ならぬ、「給チョコ所」があるんです! 私は2キロのレースに参加し、チョコを目指して(笑)いざスタートを切りました。走り始めて約1.5キロ、少し息が上がってきたころで、「給チョコ所」を発見! 早くもすごい人だかりができていました。のぞいて見ると、チョコドーナツ、クッキーチョコ、そしてトリュフチョコなどが食べ放題! 30種類ほどのチョコが並んでいたので、いきなりテンションが上がりました! やはり疲れた身体には、甘いものが一番ですよね。

 1.5キロしか走っていませんが(笑)、私もさっそくチョコをいただくことにしました。小さなチョコを20個くらい食べると、その甘さが身体中に染みわたり、「しあわせ〜!」な気分に浸りました。そして私は、チョコを手に持って再スタート。チョコで摂取したカロリーと、走って消費したカロリー、合わせればプラスマイナス、ゼロですね。いや......、やっぱり摂取したカロリーのほうが多いと思います。今日だけは許してください(笑)!

 また、走っていて目に止まったのは、若い女性ランナーの多さでした。全国の女性ランナー人口を統計したデータによると、30代や40代が一番多く、20代は意外と少ないんだそうです。そんな中、今回のチョコランの参加者は、20代の女性ランナーが多くを占めていました。気になったので、私は参加している20代の女性ランナーに話しかけてみました。「参加した理由はなんですか?」と訪ねると、「バレンタインで相手にあげるより、自分が食べたいから」。想いは私と一緒でしたね(笑)。たしかにみなさん、レース前にコースマップを開いて、「給チョコ所」をチェックしていました。しかし、「チョコ目当てで参加したのなら、軽く流しながら走るかな?」と思いきや、ぜんぜん違っていました! ものすごい本気(ガチ)で走っているんです! 「食べるからにはカロリーを消費したい!」という気持ちが強いのかもしれませんね(笑)。

☆初めて子どもたちと一緒にラン!

 そして今回のチョコランに参加した際、初めて体験することがありました。それは、「子どもたちと一緒に走ったこと」なんです。全国各地で行なわれている42.195キロのフルマラソンには、子どもは参加できません。体力的な問題や、安全面を考慮して、参加年齢を制限しているのです。「親子ラン」や「ファミリーラン」など、イベントという形で走ることのできる大会もありますが、それらは「家族参加」が基準なので、独身の私が一緒に走る機会もなく......。というわけで、マラソンを初めて2年半ほど経ちますが、一度も子どもたちと一緒に走ったことがなかったのです。

 しかし、今大会は「チョコを食べながら走る」のがコンセプトなので、子どもの参加希望が多かったらくしく、その結果、保護者が監督するという形で、子どもたちの参加が可能となったそうです。いざ、子どもたちと一緒にマラソンをしてみると、すごく新鮮な光景でしたよ。スタートから飛ばして走ったかと思えば、急に「疲れた〜」と言ってコース上で休んだり、また元気になって走り回ったり......。子どもたちを見ていると、ホントに飽きません(笑)! そして「給チョコ所」ではこぼれんばかりにチョコを抱え、さらに口いっぱいにほお張りながら走っていましたよ。

 やはり、チョコというご褒美があると、走るのが楽しくなりますよね。そんなウキウキした気分で走っている子どもたちを見て、「私の子ども時代にもチョコレートマラソンがあればな〜」と思いました。「走る=苦しい」というイメージが定着したのは、学校の体育の授業で長距離走がツラかったからです。でも、走りながらチョコをもらえるようなイベントがあれば、もっと早い時期から走ることが好きになっていたかもしれません。こんな風に、一緒に「チョコ、美味しいね〜」と言いながら走る家族が欲しいなぁ......。そんな事を考えていたら、チョコをあげる人がいないことに気づいて、今年のバレンタインデーも自分でチョコを買って食べながら走っていそうです(笑)!
 
【今週のRUN日記】

2月1日(土) 10キロ @港区→駒沢公園
2月2日(日) 2キロ @お台場・チョコラン
2月3日(月) 6キロ @目黒
2月4日(火) 休足日
2月5日(水) 休足日
2月6日(木) 8キロ @目黒
2月7日(金) 休足日

 今週の走行距離は、26キロ。最近は昼と夜の気温差が一段と大きいですね。春のような気温の翌日に雪が降るような寒い日があったので、ランニングウェアを慎重に選びました。東京マラソン前に風邪をひくわけにはいきません! みなさんも体調を崩さないよう、気をつけてくださいね。

 LET'S RUN WITH ME!!

 今日までの練習の様子は、こちらをチェックしてください!→中島彩オフィシャルブログ「走ろう!彩と。」

【profile】
中島彩(なかじま・あや)
1987年8月1日生まれ、大阪府寝屋川市出身。慶應義塾大学法学部卒。元東海テレビ報道スポーツ局。現在はキャスト・プラス所属のフリーアナウンサー、タレント。身長158センチ。趣味はマラソンの他に、政治研究。TBS系列「オールスター感謝祭13春」出演。テレビ神奈川「ハマナビ」リポーター。週刊プレイボーイ(集英社)の電子写真集「ケータイ週プレBook」より、初のグラビア写真集『あぶない女子アナ』が絶賛発売中! 2月3日から東京スポーツにて、連載「お騒がせ女子アナ中島彩の"KYでいいじゃないか!"」がスタート!

中島彩●文 text by Nakajima Aya