●幻想の…昼寝迷宮(シエスタラビリンス)

(画像:「中二病でも恋がしたい!戀」公式Webサイトより)
© 虎虎/京都アニメーション/中二病でも製作委員会

●キャスト
富樫 勇太:福山潤
小鳥遊 六花:内田真礼
丹生谷 森夏:赤千夏
一色 誠:保志総一朗
七宮 智音:長妻樹里
五月七日 くみん:浅倉杏美
凸守 早苗:上坂すみれ
九十九 七瀬:井上喜久子
国語の先生:烏田裕志
数学の先生:松尾大亮
勇太の母:天野由梨
富樫 樟葉:福原香織
富樫 夢葉:設楽麻美
きめら:沖佳苗
小鳥遊 十花:仙台エリ
六花の母:岩男潤子
祖父:中博史
祖母:野村須磨子
佐藤:岡田栄美
鈴木:中嶋アキ
巫部 風鈴:白川愛実
眠 睡:中原麻衣

●ストーリー
高校に進学してから2ヶ月、無口で常に右目に眼帯をつけ左腕に包帯を巻いた小鳥遊六花は未だにクラスに馴染めずにいた。ある日、些細な出来事から六花は勇太に接触する。唐突にカラコンの右眼を晒して「契約完了」と呟き、「小鳥遊」ではなく「六花」と呼べと要求し、先生にも意味不明の言動を示して戸惑わせる。その言動は中二病だった。

※第2期です。
●オープニング
九十九 七瀬「生徒会が同好会から活動報告を聞きたいって!」

春から同好会が増加したため、真面目に活動していない同好会の整理を行うための代表者会議がなされることに。当然ながら「極東魔術昼寝結社の夏」は真面目に活動しているとは言い難いため真っ先に槍玉へ挙げられることに!

しかも形式上の代表者は小鳥遊 六花のため大ピンチ!
●昼寝部
凸守 早苗「世界の趨勢がここで決まるのでぃすか!」

もっとも他の同好会も全員見るからに怪しい人ばかり。

※寧ろ、全ての同好会を解散にして下さい!

小鳥遊 六花「凸守、今日このときをもって極東魔術結社の総帥の座を凸守に移譲する!」

小鳥遊 六花はどうしても代表会議に出席したくないようですが、残念ながらそれは無理でした。

代表会議、小鳥遊 六花は中二病丸出しの朗読をするも、

富樫 勇太に輪ゴムで狙撃される!

結局、富樫 勇太が作成した原稿で辛うじて乗り切るも…。

小鳥遊 六花、仮病でバッくれる!

当然ながら「極東魔術昼寝結社の夏」は活動内容不明のため、顧問の九十九 七瀬から調査のうえ再報告を課せられてしまいます。

九十九 七瀬「冨樫君達は此処で何してるの?」

※活動内容を把握していない顧問、九十九 七瀬。

五月七日 くみん「でもお昼寝はしているよ!」

実は「昼寝大会」なるものが存在する事が判明。しかももみじヶ丘高校「シエスタ同好会」とと対外試合をする事に!
●昼寝の特訓
駅ホームのベンチで昼寝について熱く語った直後、昼寝をする五月七日 くみん。そこに眠そうにしている少女が!

眠 睡「ど〜も。もみじヶ丘高校シエスタ同好会の眠 睡です。」

眠 睡の昼寝トーク、真面目に昼寝を語るも正に、

「寝言は寝て言え」状態!

小鳥遊 六花「この戦い、敗れることがあれば結社は解散する!」

向こう見ずな小鳥遊 六花の爆弾発言!

ちなみに昼寝大会の試合は団体戦5人。

五月七日 くみん「とりあえず目をつぶって!」

暫く後、

小鳥遊 六花「勇太、勇太…。」

寝言らしいです。最初は室内でしたが、

五月七日 くみん「外で昼寝するよ!」

と校庭の隅で昼寝しようとする5人。

※意外に昼寝って意図的にしようとしても出来ないものですね。

富樫 勇太「良い事思い付いた!」

その方法とは試合前前日徹夜で遊んで、昼寝に臨むこと。ところが何故か、

全員、朝の時点ですっかり寝てしまいました!
●昼寝の試合
昼寝の試合内容、はっきり言って全員が寝ているため、

審判以外試合内容を把握していません!

結果的に最後まで寝ていた五月七日 くみんが勝利しているのですが、

五月七日 くみん、何故勝利したのが本人だけ知らず!

「極東魔術昼寝結社の夏」の存続はされるものの、いつものまま。

昼寝どころかむしろ永眠して頂きたい「中二病でも恋がしたい!戀」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「中二病でも恋がしたい!戀」第4話「丹生谷 森夏、凸守 早苗に忠誠を誓う?」(ネタばれ注意)
【アニメ】「中二病でも恋がしたい!戀」第3話「富樫 勇太と小鳥遊 六花、鼻ポチ!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「中二病でも恋がしたい!戀」第2話「富樫 勇太と小鳥遊 六花、、初デート!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「中二病でも恋がしたい!戀」第1話「富樫 勇太と小鳥遊 六花、同棲時代」(ネタばれ注意)
(ネタバレ注意)アニメ「中二病でも恋がしたい」第12話、望んだ世界
▼外部リンク

「中二病でも恋がしたい!戀」TVアニメ公式Webサイト