現金同等物を1兆円近く保有する、 任天堂の次の一手は?

写真拡大

子供も楽しいネットコミュニケーション

 クリスマスにサンタクロースが届けてくれたニンテンドー3DS。我が家の小学1年生の息子は、冬休み中はポケットモンスターXYにハマっていたのが、結構ステージをクリアしたらしく、最近は少しゲーム中毒がなくなっていた。しかしまた、この1週間ほどでポケモンXYに熱心に取り組んでいる。何があったかというと、ネット通信を解禁したのである。

 多くの方もご存知のように3DSには親しかアクセスできない設定画面があり、そこで子供たちにどの機能を使ってよいかの制限をかけることができる。

 当初我が家ではネットアクセスを制限していたのだが、どこから聞いてきたかネット通信を行えばポケモンの交換ができて、お友達もできるということを知った我が息子。モノは試しと思い、ネットアクセスを解禁したところ、このポケモン交換が相当に楽しいらしい。

 一人3DSに向かって盛り上がる彼の画面を覗いてみると、わんさかと知り合いリストがいる。しかも、日本のみならず、アメリカやオーストラリア、ブラジル、香港など海外の子供たちとたくさんつながっているのだ。

 コミュニケーションが楽しい、これはFacebookやLINEにハマる大人同様、子供も同じらしい。

DS:教育現場でも利用可能性は大きいはず

 ついでなので、通常のインターネット検索やeショップなど、ネットアクセスが可能となった3DSでできることを一通り試してみると、使い勝手的には残念ながらスマホやタブレットの方に軍配が上がるように感じられる。

 しかし、彼らが日常的に持ち歩く小さなハコが、世の中のありとあらゆる情報への入り口となっていることの可能性は小さくはないだろう。小学校に3DSを持っていくと怒られる一方、小学校をWIFI環境化してしまえば、小学生たちは手元の3DSでいろんな調べ物ができる。

 最近、タブレット端末を教育現場に導入しようという動きが下は小学校から上は大学までてんやわんやしているわけだが、それらタブレットで何をしているかと言えば多くの現場ではまだネット検索や写真を撮っているぐらいで、教育用アプリや米国のKahn Academyのような本格的なネット経由の教育の導入には至っていない。

 それであれば、まずは小学生たちに手持ちの3DSを持ってくることを許可する方が、コスト安で済むしいいのではないかと思うのだが、いかがであろうか?

 もちろん、休憩時間に子供たちがポケモンを交換しまくっている姿と、それをいたちごっこのように先生たちが怒り回る姿が容易に想像できてしまうので、ルール作りは大変かもしれないが、デメリットよりもメリットの方が大きいのではないだろうか?

現預金同等物は1兆円程度残る

 任天堂(7974)の決算発表でスマホ対応が実質的に否定されたことに対して市場はネガティブに反応したわけだが、スマホ対応以外に任天堂が復活する道はないのだろうか?

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)