暴飲暴食で「胃が爆発」、ガスが噴き出し燃える大惨事―中国江蘇省

写真拡大

中国メディア・光明網の8日付の報道によれば、江蘇省蘇州でこのほど、暴飲暴食をした58歳の女性の胃が“爆発”し、女性は病院で胃を全て切除する手術を受けた。手術中、女性の腹部からは可燃性のガスが噴出して燃えたという。
この女性のケースは中国版ツイッターの「微博」などで拡散し、大きな話題になった。
報道によれば暴飲暴食によって「胃が爆発する」ケースは同省の省都、南京市では年に少なくとも1〜2回あるというが、今回のケースでは「ガスが出て燃えた」ことがネットユーザーたちに大きな衝撃を与えた。
医師などによると、女性は大量のビールを飲んでおり、「燃えた」ことは電気メスの使用、またアルコールの存在が影響したと考えられるという。
(編集翻訳 恩田有紀)