小笠原歩旗手を先頭に入場した日本選手団 (撮影:フォート・キシモト)

写真拡大 (全8枚)

2014年に開催されることから、7日の20時14分(日本時間8日午前1時14分)に、ソチ五輪「開会式」がスタートした。

今回の冬季五輪には、史上最多の87の国と地域が参加。日本選手団・113人のうち、女子選手が65人。男子選手48人の数字を上回った。

その選手たちを率いる旗手は、カーリング女子の小笠原歩(35)が務めた。結婚や出産を経て、8年ぶりに大舞台(過去、2度の五輪出場)に戻ってきた。

4年に1度の冬の祭典は、23日まで7競技98種目の熱戦が繰り広げられる。

▼ 写真は、トーチを手に走る、マリア・シャラポワ

(撮影:フォート・キシモト)


▼ 収容人数4万人。開会式が行われた「フィシュト五輪スタジアム」

(撮影:フォート・キシモト)


▼ フィシュト五輪スタジアムから打ち上がる花火

(撮影:フォート・キシモト)


▼ 聖火が灯って、煌びやかな花火ショーが始まった

(撮影:フォート・キシモト)


▼ 開会式で繰り広げられたアトラクション

(撮影:フォート・キシモト)


▼ 開会式で繰り広げられたアトラクション

(撮影:フォート・キシモト)


▼ にこやかな顔で出迎えてくれた会場スタッフ

(撮影:フォート・キシモト)