スキャルピングはギャンブルにすぎない?
スキャルピングはギャンブルか否か、これはトレーダーたちの間で度々耳にする会話のひとつのようです。教えて!gooにはこんな質問が寄せられました。

スキャルピングはギャンブル?

相談者はある本に書かれていた「スキャルピングはギャンブルにすぎない」という言葉が引っ掛かっています。スプレッドも狭くなってきている昨今、スキャルピングはギャンブルだと感じるかどうかについて質問しています。

■スキャルピングはギャンブルではない

「スキャルピングは勘だと思ってる人もいるようですが、決してそんなことはないです。エントリー・エグジット・ロスカットすべてにおいてルールがあります。したがって決してギャンブルではありません」(arvinさん)

ルールに則った手法はギャンブルではないという意見です。ルールを作れば、一見ギャンブルに思われるスキャルピングも立派な手法のひとつになるのかもしれません。また、

「『スキャルピングはギャンブルだ』という論者は、スキャルピングも価格変動リスクを極力減らすための堅実投資の一種であるであることを理解していないのではないか」(noname#101084さん)

という意見もあります。短い時間足を使うことで、極力リスクを軽減させるという意味において、スキャルピングはギャンブルではないという意見です。価格変動リスクを減らすという意味ではとても堅実な手法と言えるかもしれません。

■FX自体がギャンブルである

一方、xyz0abcdeさんは「FX投資自体がギャンブルだということについては同意します。自分にある一定のエッジがあるだけで、スイングにしろデイトレにしろスキャルピングにしろ、結局はギャンブルだと言えるでしょう」と回答しています。

上がるか下がるかを予想するという点では、FX自体がギャンブルにあたるのではないかという意見です。

世間では色眼鏡で見られがちなFXトレード。スキャルピングもデイトレも周りから見るとギャンブルに見えるのかもしれません。

ドル円のスプレッドが1.0pips以下も珍しくなくなってきた昨今のFX業界。低いスプレッドを利用して、ギャンブルにならないよう、統計を用いて勝負することが大切なのかもしれません。

1000本ノッカーズ (1000 knockers)