関越道バス事故、被告に懲役10年

ざっくり言うと

  • 2012年に、群馬県の関越道で乗客7人が死亡した高速バス事故の裁判
  • 検察側は、「睡眠時無呼吸症候群により突然眠った」という供述は虚偽だと主張
  • 「まれにみる悲惨な交通犯罪」として、懲役10年、罰金200万円を求刑した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング