橋本愛オフシャルブログより

写真拡大

 たびたびネット上で話題になる芸能人の外見の変化。久々に公の場に登場した芸能人が「劣化した」「激太り」などと揶揄されることも少なくない。

 最近では、5日の『笑っていいとも!』(フジテレビ系)に出演した柳原可奈子(28)が「激やせしている」ともっぱら話題になっている。元々ぽっちゃりとした体型がトレードマークだった彼女が、以前に比べて下半身がほっそりとしていたことでネット上では「顔以外はすごくやせてる」「太ってる方がかわいいかも」「こんなにやせて大丈夫?」等の反響が寄せられた。

 昨年7月に頭痛のために検査入院をし、『スッキリ!!』(日本テレビ系)や『知っとこ!』(TBS系)などの生放送を欠席していた彼女。加えて、昨年3月には父親を亡くしたこともあり、体調のみならず精神面の状態についても心配されていた。今回の彼女は病的なやせ方をしているわけではないが、昨年の不調の影響で心身ともにまだ万全ではないのかもしれない。体型が変化しても、あの明るいキャラクターは変わらずにいて欲しいものだ。

 その一方で、綾野剛(32)や落合モトキ(22)との熱愛で世間を騒がせた橋本愛(18)には激太り騒動が持ち上がっている。6日に、NHK連続テレビ小説『あまちゃん』で共演した能年玲奈(20)や木村文乃(26)らとともに「第38回エランドール賞」新人賞の授賞式に出席した橋本だが、細身のスタイルだった彼女の面影はどこにもなく、貫禄が漂うほどにずっしりとした体型になっていたのだ。

 そんな彼女の姿に、「足の太さヤバイ!」「紅白に出てた時は太ってなかったのにこの短期間で何があった?」「本人もショックだろうな」と驚きの声が続出している。

 以前、深夜の繁華街を徘徊し、道端の看板にパンチをするといった奇行を「FRIDAY」(講談社)に報じられたことがある橋本。そういった背景もあり、業界内では「仕事が忙しくなると情緒不安定になる傾向がある」とささやかれている。まだ18歳と多感な時期でもあり、過剰に注目を浴びるストレスによって激太りしてしまったのだろうか。その姿は、彼女と同じように十代の頃から演技派として高く評価され、一時は激太りが指摘されたこともある成海璃子(21)に重なるものがある(奇遇にも両者とも綾野剛との熱愛疑惑があった。男の趣味も似ているのか?)。なんにせよ、彼女くらいの年齢の女性は体重が安定しないのもままあることだし、ダイエットに励めば元の体型を取り戻すことは十分に可能。彼女の持ち味である凛とした美しさを取り戻して欲しい。

 芸能人といえども、女性であれば外見の変化を指摘されるのは「キレイになった」という時だけにしておきたいもの。しかし、人前に出るのが仕事である芸能人として活動していく以上、こういったことで注目を集めるのはある種の宿命。どんな時でも視聴者の厳しい目にチェックされ、少々気の毒ではあるが、いつ晒されても恥ずかしくないように体型を自己管理することが、ひいては仕事やメンタルの安定にもつながるのだろう。
(ルイコスタ松岡)