ルーキーオブザイヤーで表彰された川村昌弘と堀奈津佳(撮影:ALBA)

写真拡大

 日本ゴルフトーナメント振興協会(GTPA)が選ぶルーキー・オブ・ザ・イヤーの表彰式が都内ホテルで行われ男子は松山英樹、川村昌弘、女子は比嘉真美子と堀奈津佳が選出された。松山は米ツアー参戦中、比嘉は宮里美香と共にフロリダで合宿中のため出席しなかったが、川村と堀は式典で表彰を受けた。
AT&Tペブルビーチナショナルプロアマのリーダーボード
 壇上に上がった川村は「受賞できて光栄ですしうれしく思います。(同じく受賞した)松山さんはスバ抜けているけど、離されないように頑張っていきたい」とコメント。ドレス姿の堀も「これを励みに今年も頑張りたいです。目標は3勝目です」と笑顔で語った。
 松山はビデオメッセージで登場し、「特別賞をもらってから2年でプロになってルーキー・オブ・ザ・イヤーをもらえてうれしい。去年は出来すぎだと感じています。今年はまずは米ツアーのシードを目標に、決めることができたら優勝を目指していきたい。その先にメジャー優勝もあると思う」とコメントした。
<ゴルフ情報ALBA.Net>