ノーザントラストOPへ向けて調整を続けている松山 写真はフェニックスオープン(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

 先週の「ウェイスト・マネジメント・フェニックス・オープン」で4位タイに入った松山英樹は、現在次戦の「ノーザン・トラスト・オープン」に向けてロサンゼルスで調整を続けている。
AT&Tペブルビーチナショナルプロアマのリーダーボード
 この日行われた日本ゴルフ振興協会のルーキー・オブ・ザ・イヤー表彰式には松山の代理で東北福祉大学の阿部監督が出席。阿部監督によると「丸山茂樹プロとリビエラをラウンドしたりしているみたい」とのことで、コース近郊に住む米ツアーの第一人者からアドバイスをもらいながら試合に備えている。
 松山はこの日の表彰式にビデオメッセージで登場し、「ルーキー・オブ・ザ・イヤーをもらえてうれしく思います。早めにアメリカでシードを決めて、余裕のあるスケジュールを組めるようにしたい。日本ツアーにもどんどん出ていきたい」と語った。

<ゴルフ情報ALBA.Net>