上村愛子 (撮影:フォート・キシモト)

写真拡大 (全7枚)

ソチ冬季五輪は6日、翌日の開会式を前に、一部の競技がスタート。フリースタイルスキー「女子モーグル」の予選1本目が行われた。

30人中上位10人が決勝進出を決める「1本目」で、5大会連続出場の上村愛子が7位に入り、8日の決勝に進んだ。

悲願のメダルに、望みつないだ。滑り終えたインタビューで「最後のオリンピック。広い視野を持てた。色んなものが見えているから」と過去の挑戦と違う部分を説明していた。

その他の日本勢。初出場の星野純子は15位、2回目の出場の村田愛里咲は22位。同じく8日に行われる予選2回目に回った。

そして、伊藤みきは、直前の公開練習で、昨年12月に前十字靱帯(じんたい)損傷のけがを負った右膝を再び痛めて棄権した。

【拡大写真】星野純子が披露したトリック「アイアンクロス」