ジオラマ世界で運転士体験!原鉄道模型博物館公式iPhoneアプリ配信開始

写真拡大

原鉄道模型博物館(所在地:神奈川県横浜市)に展示されている、鉄道模型ジオラマの運転体験ができる公式アプリ「原鉄道模型博物館 iPhone アプリ 〜 シャングリラ鉄道の旅」が2月7日からApp Storeで提供開始された。利用料金は無料。

【関連:JR西日本『京都鉄道博物館』2016年春オープン―新幹線など50両を展示】

原鉄道模型博物館公式アプリ原鉄道模型博物館公式アプリ原鉄道模型博物館公式アプリ


このアプリは、開発を手がけた株式会社カヤックのヨコハマ”展望台”支社と原鉄道模型博物館が同じオフィスビルに入っているという縁で開発がスタートしたという。

アプリでは、博物館に実際に展示されている世界最大級の一番ゲージジオラマ「いちばんテツモパーク」の中を、小型カメラの「GoPro」で撮影された実際の車両模型からの視点による映像や、採集した走行音をもとに、まるで模型の世界に飛び込んだような感覚で運転が楽しめる。
車両とコースは3種類用意。

なお、今回の公式アプリ配信を記念して2月7日から5月6日まで、公式アプリの起動画面を博物館入場時に提示すると、入館料が100円引きになる「シャングリラ鉄道の旅」キャンペーンも開催されている。