●緋色、宵宮、恋模様。

(画像:「いなり、こんこん、恋いろは。」公式Webサイトより)
©2014 よしだもろへ/KADOKAWA 角川書店刊/いなり製作委員会
©京都府 まゆまろ 13176
©2013 City of Kyoto. All rights reserved.

<キャスト>
伏見 いなり:大空直美
丹波橋 紅司:岡本寛志
三条 京子:池辺久美子
丸太町 ちか:佐土原かおり
墨染 朱美:野水伊織
伏見 燈日:上田燿司
宇迦之御魂神:桑島法子
コン:原紗友里
天照大御神:磯辺万沙子
大年神:子安武人
大宮能売神:三上枝織
橋本 創:北纓裕紀

●ストーリー
伏見いなりは、同級生の丹波橋紅司に片想いをしているが、その想いをなかなか打ち明けられない日々を送っていた。
ある日、いなりは宇迦之御魂神の御使いの狐・コンが川に落ちかけているところを助け、そのことをきっかけに宇迦之御魂神から変身能力を授かる。
その日から、いなりは友人や神々の助けを得つつ、丹波橋との仲を縮めようと奮闘する。
●オープニング
伏見 いなり「いなり、こんこん、お母さんにな〜れ。」

そこに伏見 燈日が出くわしてしまい、

伏見 いなり(母に変化)、絶句!

伏見 いなり「(ど、ど、どうしよう…。)」
伏見 燈日「母さん、いなりは?」
伏見 いなり「(そうか!変身前から見られていたんとちゃうんか!)ト、ト、トイレちゃう?」


※何とか誤魔化しました…。
●その兄、粘着質につき
伏見 いなりの母「あ、燈日君。お風呂湧いてるで!」
伏見 燈日「母さん、いなりには神の力が宿ったかもしれん。」

しかし、彼の発言について両親はまともに相手をせず。

※彼は重度の中二病であるのが、結果的に伏見 いなりとしては幸いしました。

その後、伏見 いなりは兄・伏見 燈日にべったりまとわりつかれる事に!

明日から夏休み。そこで宇迦之御魂神の元へ行くも、

伏見 いなり「お互い粘着質の兄を持って苦労しますね…。」

そして丹波橋 紅司との夏祭りへ出掛ける約束をしている伏見 いなり。

宇迦之御魂神「いなりには普通の女の子として楽しんでもらいたいのです。」
●ときめき墨染 朱美
夏祭りへ出掛ける伏見 いなり。実はこっそり宇迦之御魂神も夏祭りに来ています(もちろん普通の人には見えません)。

伏見 いなり「墨染さ〜ん。」

伏見 いなりは墨染 朱美と待ち合わせ。

※余談ですがこの2人が話題にしている作中の漫画「どきどきミッドナイト」のモチーフは池野恋先生の漫画「ときめきミッドナイト(又はときめきトゥナイト」)」だと思われます。

夏祭りに行く途中、大年神がストー○ングするも、

大年神、三条 京子に蹴飛ばされる!

墨染 朱美はそれをきっかけに対してときめきを感じますが…。

※ゆるゆりじゃのう。

墨染 朱美「伏見さん、丹波橋君を探しているの?いると良いなあ。」

墨染 朱美の標的はすっかり三条 京子に移行したようです。

丹波橋 紅司と出会った伏見 いなり、

丹波橋 紅司「その浴衣、可愛いね!」

ありきたりの言葉が彼女にとっては魅惑の魔法のようにも聞こえ、そして彼女は一時の幸せを感じます。

宇迦之御魂神「少し、羨ましいな…。」

宇迦之御魂神も伏見 いなりを見てそう思います。
●彼の背中
草鞋の鼻緒が切れ、足を挫いた伏見 いなり。すると、

丹波橋 紅司「おぶってあげる!無理したらあかん。伏見さん女の子なんだから。」

彼の背中から伏見 いなりが思う事、

伏見 いなり「お祭りが、真っ赤で良かった。私の顔も真っ赤になってる。丹波橋君に気付かれないかな?」

入学式のとき、彼におぶってもらったときよりも随分背が伸びた、そう感じる彼女でした。

宇迦之御魂神が伏見 いなりに神通力を与えた事を訝しる伏見 燈日。その場はそこまでで話が終わりましたが…。

宇迦之御魂神の恋、それはいつか訪れるものでしょうか?

「いなり、こんこん、恋いろは。」、次回もお楽しみっ!

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「いなり、こんこん、恋いろは。」第3話「兄、妹を追う。妹、兄を避ける。」(ネタばれ注意)
【アニメ】「いなり、こんこん、恋いろは。」第2話「正道をなすに悔いること無し」(ネタばれ注意)
【アニメ】「いなり、こんこん、恋いろは。」第1話「伏見 いなり、変化する!」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「いなり、こんこん、恋いろは。」TVアニメ公式Webサイト