死闘予感「るろ剣」新ポスター、京都大火を背景に浮かび上がる志々雄。

写真拡大

2014年夏に新たな2部作が連続公開される映画「るろうに剣心」の最新ティザーポスタービジュアルが2月7日、解禁された。

今回解禁となったポスタービジュアルは、本作のタイトルにもなっている「京都大火」を背景に、敵を見つめるような鋭い目をした剣心と、その背後に浮かび上がる志々雄の姿が描かれている。まさに死闘を予感させるビジュアルだ。

本作は原作中のクライマックスにあたり、シリーズの中で最も人気の高い「京都編」を2部作で描いた作品。撮影期間は6か月、エキストラは延べ5,000人、さらには茨城・山形・熊本・滋賀・兵庫・京都・長野・栃木・千葉・神奈川・東京と全国1都1府9県に及ぶ全国縦断大規模ロケを敢行した。総移動距離は地球の半周分となる約20,000kmだ。

剣心を演じた佐藤健は「この映画は志々雄との戦い。6か月で2本撮っているが、結局何を見せたいかというと、剣心と志々雄との戦いなんです」と本作の見どころを語り、「(藤原演じる志々雄は)“強いんだ、この人は”という説得力がありました」と剣心のライバル・志々雄を演じる藤原から、計り知れない強さを感じたという。

剣心の後継者として、幕末の京都で暗躍した志々雄と剣心の生死をかけた死闘をこのポスターからもうかがえるが、果たして劇中ではどのように描かれているのか、注目しておきたいところだ。

「るろうに剣心 京都大火編」は8月1日(金)から、「るろうに剣心 伝説の最期編」は9月13日(土)から、丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国ロードショー。