自動車保険はとにかく補償内容や特約が細分化され過ぎていて複雑だ。クルマに乗る人なら一度は契約段階で悩んだ経験があるだろう。

「スーパーの狭い駐車場で隣のクルマにドアをぶつけられた」「思わぬ落石でフロントガラスが傷ついた」「入院時のホームヘルパー費用が必要」など、対物・対人の補償のみならず、最近では同乗するペットの補償特約まで登場している。

 もちろん、いざというときに備えてあらゆるリスクを保険会社に補償してもらえるのが一番だが、すべてをカバーしようと思えば高い保険料の支払いを覚悟しなければならい。また、万が一事故を起こした際には、対応の慌ただしさから細かい保険内容を忘れてしまうケースも少なからずある。

 2月6日に東京海上日動火災保険で発覚した最大10万件規模に及ぶ過去の未払いも、本体の保険契約に付随する「対人“臨時”費用」だった。人身事故で相手が死亡した場合に10万円、入院・通院費用として1〜2万円を受け取れる契約となっていた。

 同社は「当時(2003年6月以前の契約)は本体保険とは別に請求してもらわないと支払わない運用をしていた」と説明している。つまり、契約者に気付かれなければ補償する必要もないとする、保険会社にあるまじき“事なかれ主義”が罷り通っていたことになる。

『やっぱりあぶない、損害保険の選び方』の著書がある保険コンサルタントの村田稔氏はいう。

「自動車保険は他社商品との差別化を追求するあまり、多種多様な特約商品を次々と開発し、特約によって収入保険料を増やそうとしてきました。しかし、不払い問題が収まらないのも、あまりにも特約が増えすぎて、損保会社や保険代理店の支払いシステムがついていけないからです」

 今でこそ補償項目はスリム化する傾向にあるが、かつて東京海上には約4000種類もの特約があったというから驚く。さらに、最近の自動車保険には契約内容に関する新たな問題も浮上している。

「例えば、自家用車でどこかのお店に突っ込んでしまった場合、破損の被害だけでなく休業中の売り上げなど『逸失利益』も保険でカバーしようという動きになっています。ただ、ここでも保険会社の免責事項が曖昧で、どこまでが補償の範囲内なのか分かりにくい商品もあります」(前出・村田氏)

 では、実際にどんな自動車保険に加入したらいいのか。まずは自分の等級を確かめることから始めたい。

「小さな事故で保険を使うと、翌年から等級が下がって保険料があがるために自己負担で車を修理する人が増えています。確かに少額の保険金請求はしにくい仕組みになっているため、15等級前後のドライバーならば、少しでも保険料の安いシンプルなプランを選んでもいいでしょう」(同前)

 次に、他の保険と重なっている無駄な契約内容は省いていくとよい。

「人身事故の場合は、自動車保険の傷害特約が自分の加入している生命保険の補償内容と被っていたりすることもあるので、一度整理してみるのがいいと思います」(同前)

 そして、意外にも加入しておくと心強い味方になるのが、「弁護士特約」だという。

「事故を起こしたとき、保険会社同士の折衝は勝手にやってくれるものだと任せきりにしていたら、損をすることが多々あります。例えば、自分が被害者になった場合、逸失利益の認定などで相手側の保険会社が執拗に証明書の提出を求めてきたり、補償金額を渋ってきたりすることがあります。

 そんなとき、事故対応に強いプロの弁護士に相談できれば交渉もスムーズですし、その場で保険金の未払いなどを指摘してくれる場合もあります。特約漏れを防ぐうえでも弁護士特約は有効なのです」(同前)

“払われ損”で痛い目にあわないためにも、定期的に自動車保険を見直したい。