未来の王様たちが通う世界一高額な学校「学費は年間1,500万円」

写真拡大

世界中の王子様やセレブの子供達が集まるスイスのこの学校は、世界一高額な学校として「王様たちの学校」と呼ばれています。学費はなんと年間約1,500万円。どんな学校なのでしょうか。

スイスのロールという街にあるこの学校は、1880年に始まった全寮制の学校で、日本語ではル・ロゼ学院と呼ばれています。生徒5人に対し1名の教師が付き、勉強だけでなく、人を敬う事や規律を守ること、困難に立ち向かうことを至れり尽くせりで学ぶことができるそうです。

冬になるとキャンパスをグシュタードというセレブが集まるスキーリゾートの街に移し、生徒達はスキーを楽しみながら学院生活がおくれるというわけです。

卒業生には、かつてのモナコ国王のレーニエ3世をはじめ、スペインやエジプトなどさまざまな国の王子や、その他世界中の王室関係者がいることから、スクールオブキングス、王様達の学校と呼ばれるようになりました。

「いろいろな生い立ちの子供たちが世界中から集まるこの学校は本当にフレンドリーでいい学校だった」とレーニエ3世は語っていたそうです。

生前ダイアナ妃がお付き合いしていたドディ・アルファイド氏や、エリザベス・テイラーやダイアナ・ロス、ジョン・レノンなどのセレブの子供達も通っていたことで有名です。

こんな学校に通う子供達は、普段どんな会話や遊びをしているのでしょうね。

参考:The most expensive school in the world
http://www.hellomagazine.com/royalty/2014013116792/most-expensive-school-world-gstaad-royal-family/