人気株ランキングの適正株価 東証1部&2部 48〜60位
2013年6月3日〜11月29日に主要ネット証券5社で売買された!直近6ヶ月、個人投資家人気株ランキング。
トップ4が回転売買向きの銘柄だったことに、妙に納得。この半年は短期トレードに徹したほうが儲かったということ!?

48位 関西電力
現物70位 信用50位
東1・9503/100株/3月決算

【診断】
外国人:14点
業績:8点
順張り:11点
上値:15点
NISA;8点
総合:56点

【適正株価】
1200円

【日経平均1万8000円なら?】
1448円

【前期実績】
赤字

【今期予想】
赤字

【DATA】
現在株価:1175円
配当利回り:―
PER:―
PBR:1.23倍

原発再稼働の利点大。先行きは政策次第
「原発事故のなかった大手電力会社」がキーワード。もともと原発依存率が高かったため、原発停止の影響は大きいが、再稼働のメリットも大きい。先行きは政策次第なので、割り切りのいい投資家向けの銘柄といえる。

49位 ネオス
現物65位 信用57位
東1・3627/100株/2月決算

【診断】
外国人:8点
業績:15点
順張り:20点
上値:13点
NISA;15点
総合:71点

【適正株価】
1750円

【日経平均1万8000円なら?】
1760円

【前期実績】
赤字

【今期予想】
黒字

【DATA】
現在株価:1558円
配当利回り:0.28%
PER:58.3倍
PBR:4.22倍

LINE関連株!スイングトレードで
電子書籍を扱い、アドウェイズなどと並ぶLINE関連株の代表銘柄のひとつ。東証1部で最も時価総額の小さい部類のため、株価の動きは大きく、よく短期売買のターゲットにもなる銘柄だ。NTTドコモとKDDIも出資。

50位 オリンパス
現物74位 信用48位
東1・7733/100株/3月決算

【診断】
外国人:20点
業績:13点
順張り:14点
上値:18点
NISA;7点
総合:72点

【適正株価】
3684円

【日経平均1万8000円なら?】
4169円

【前期実績】
黒字

【今期予想】
黒字

【DATA】
現在株価:3200円
配当利回り:―
PER:84.3倍
PBR:11.78倍

ソニー傘下で再建中。得意の内視鏡を強化
損失隠しに揺れた時期もあったが、ソニーの傘下入りで騒動は収束。得意の消化器内視鏡は生産能力を3割増強し、医療水準の上がる新興国向けの輸出を拡大する方針。不振のデジカメ事業の行方がやや不透明か。

51位 ダイキン工業
現物77位 信用47位
東1・6367/100株/3月決算

【診断】
外国人:19点
業績:19点
順張り:18点
上値:17点
NISA;13点
総合:86点

【適正株価】
8958円

【日経平均1万8000円なら?】
8034円

【前期実績】
黒字

【今期予想】
黒字

【DATA】
現在株価:6290円
配当利回り:0.73%
PER:23.0倍
PBR:4.90倍

エアコン世界首位。長期上昇続く
圧倒的シェアの欧州に加え、米国グッドマン買収による米国や中国など新興国の空調拡大で、2015年度の売上高2兆円突破を目指す。エアコン世界首位の座は揺るがず、株価続伸が濃厚。

52位 MUTOH HD
現物98位 信用27位
東1・7999/1000株/3月決算

【診断】
外国人:10点
業績:19点
順張り:20点
上値:11点
NISA;16点
総合:76点

【適正株価】
626円

【日経平均1万8000円なら?】
659円

【前期実績】
黒字

【今期予想】
黒字

【DATA】
現在株価:529円
配当利回り:0.56%
PER:41.4倍
PBR:2.08倍

3Dプリンター関連&思惑株で投資妙味倍増!
業務用大型インクジェットプリンターの最大手。もともと急騰グセのある思惑株だったが、3Dプリンターの販売好調で業績面でも買える銘柄にランクアップした。成長期待もあって株価は安泰。

53位 三菱地所
現物36位 信用91位
東1・8802/1000株/3月決算

【診断】
外国人:16点
業績:17点
順張り:15点
上値:16点
NISA;11点
総合:75点

【適正株価】
3350円

【日経平均1万8000円なら?】
3623円

【前期実績】
黒字

【今期予想】
黒字

【DATA】
現在株価:3045円
配当利回り:0.39%
PER:73.0倍
PBR:3.59倍

日銀追加緩和が起爆剤となり、再上昇へ
東京大手町・丸の内の大規模開発が佳境入りだ。マンション販売は消費増税を乗り越えて好調を持続。日銀の追加緩和期待もあり、高値もちあいが続く。株価は4000円台到達もありうる。

54位 大成建設
現物28位 信用100位
東1・1801/1000株/3月決算

【診断】
外国人:15点
業績:11点
順張り:17点
上値:11点
NISA;11点
総合:65点

【適正株価】
498円

【日経平均1万8000円なら?】
568円

【前期実績】
黒字

【今期予想】
黒字

【DATA】
現在株価:469円
配当利回り:1.06%
PER:29.7倍
PBR:1.77倍

東京五輪関連の主役も、労務費高騰が逆風
前回の東京オリンピックでは国立競技場を建設。2020年に向けた新国立競技場建設も何が何でも受注するはず。オリンピック関連株として人気度・注目度満点だが、人件費・資材高が逆風だ。

55位 キヤノン
現物17位 信用112位
東1・7751/100株/12月決算

【診断】
外国人:20点
業績:13点
順張り:11点
上値:16点
NISA;20点
総合:80点

【適正株価】
4235円

【日経平均1万8000円なら?】
3790円

【前期実績】
黒字

【今期予想】
黒字

【DATA】
現在株価:3275円
配当利回り:3.96%
PER:18.2倍
PBR:2.74倍

事務機器好調継続。ユーロ高の恩恵大
一眼レフカメラは失速、事務機器は国内外で好調を持続。最近のユーロ高を追い風に、前12月期に続いて今期も増収増益は確実。為替動向次第では昨年5月の高値4115円超えが狙える。

56位 オリエンタルランド
現物62位 信用68位
東1・4661/100株/3月決算

【診断】
外国人:14点
業績:18点
順張り:13点
上値:12点
NISA;16点
総合:73点

【適正株価】
1万6922円

【日経平均1万8000円なら?】
1万8150円

【前期実績】
黒字

【今期予想】
黒字

【DATA】
現在株価:1万4960円
配当利回り:0.80%
PER:20.5倍
PBR:2.92倍

株主優待人気で下値不安は皆無
昨年は開園30周年効果で集客が大幅増。消費増税のある今期も海外旅行客増加を追い風に、その勢いを持続していけそう。株主優待制度に対する根強い人気で、株価に下値不安はない。

57位 ブリヂストン
現物85位 信用45位
東1・5108/100株/12月決算

【診断】
外国人:20点
業績:18点
順張り:15点
上値:18点
NISA;17点
総合:88点

【適正株価】
5424円

【日経平均1万8000円なら?】
4725円

【前期実績】
黒字

【今期予想】
黒字

【DATA】
現在株価:3880円
配当利回り:1.39%
PER:12.8倍
PBR:2.54倍

北米好調。円安進行でわが世の春をおう歌
北米を中心に好調な自動車販売や円安・原料安効果もあって、前期に続いて今2014年12月期も過去最高益更新が濃厚。大幅な増配効果もあり、今年中に株価4500円到達も夢ではない。

58位 新日本科学
現物91位 信用43位
東1・2395/100株/3月決算

【診断】
外国人:9点
業績:9点
順張り:9点
上値:8点
NISA;6点
総合:41点

【適正株価】
1049円

【日経平均1万8000円なら?】
1450円

【前期実績】
赤字

【今期予想】
赤字

【DATA】
現在株価:1290円
配当利回り:―
PER:―
PBR:16.69倍

昨年の人気バイオ株も巨額赤字が厳しい
医薬品の前臨床試験受託の最大手。バイオ株ブームに乗って昨年前半、株価が13倍高した。脳梗塞や偏頭痛の治療薬の開発も手がけるが、巨額の最終赤字が続きそうで株価上昇は至難か。

59位 信越化学工業
現物68位 信用69位
東1・4063/100株/3月決算

【診断】
外国人:19点
業績:12点
順張り:11点
上値:14点
NISA;20点
総合:76点

【適正株価】
7043円

【日経平均1万8000円なら?】
7415円

【前期実績】
黒字

【今期予想】
黒字

【DATA】
現在株価:5980円
配当利回り:1.67%
PER:23.4倍
PBR:3.71倍

業績安定。米国の経済本格回復で一段高
スマホ向けが好調のシリコンウエハーと米国住宅市場の活況に沸く塩化ビニール事業が2大柱。5500円近辺で停滞中だが、米国景気が本格回復なら2013年5月の高値7310円突破も視野に。

60位 伊藤忠商事
現物54位 信用80位
東1・8001/100株/3月決算

【診断】
外国人:20点
業績:14点
順張り:11点
上値:16点
NISA;18点
総合:79点

【適正株価】
1622円

【日経平均1万8000円なら?】
1574円

【前期実績】
黒字

【今期予想】
黒字

【DATA】
現在株価:1299円
配当利回り:3.23%
PER:7.0倍
PBR:2.73倍

食料部門でM&A攻勢。株価は超割安
米国の食品大手ドールからアジアの青果物・食品加工事業を買収し、食料分野の事業拡大に注力。30%株式保有のファミリーマートも好調だ。資源価格下落が逆風だが、株価は超割安圏。

※株価データは、2014年1月7日現在。配当利回りとPER(株価収益率)は予想、PBR(株価純資産倍率)は実績の数値。

5項目(各20点満点)で総合100点満点で採点

 擲姐饋諭曚買う度
外国人投資家は、企業が保有する資産に対してどのくらい効率的に利益を生み出しているかに注目して投資するケースが多い。また、企業規模が小さすぎると買いにくいため、この点も加味した。

◆擽叛咫曚寮長度
アベノミクス相場では、利益の伸びに加え、売り上げの成長度合いも注目されている。コストカットで無理やり利益を出すのではなく、事業を拡大させながら利益をつくる、本来の成長企業が高得点をとるのだ。

【順張り】投資向き度
アベノミクス相場では、基本的に株価が上がっている銘柄を買う「順張り」投資のほうが成果を出しやすい。このため、株価が年初来高値を更新しているなど上昇トレンドの銘柄を高評価とした。

ぁ攵綯諭曚軽い度
上昇トレンドであっても、信用取引の買い残が多いなど、将来の売り圧力が高い銘柄は上昇余地が少なくなってしまう。このため、高値で買っている投資家が少ない、需給がいい銘柄を評価した。

ァ擅裡稗咤繊曚妨く度
2014年1月から始まるNISA(少額投資非課税制度)では、個人投資家は配当利回りが高く、財務が健全な銘柄に注目しやすいと思われる。この新規の資金流入が期待される銘柄ほど高得点。

【適正株価】
現在株価をベースに 銑イ裡宜猝椶凌巴之覯未魏談したうえで、各銘柄の株価水準として“適正”と思われる株価を算出した。適正株価が現在株価よりも高ければ割安なので「ホールド」もしくは「買い増し」、安ければ割高なので「売り」と考える。

【日経平均1万8000円なら?】
世界経済の回復、アベノミクスへの期待、円安の加速などにより、今後、日経平均株価が「1万8000円」になったと仮定した場合の株価を算出。もちろん各銘柄の日経平均への連動度合いも加味している。

【前期実績(or予想)/今期予想】
経常利益がプラスなら「黒字」、マイナスなら「赤字」マーク。前期赤字で今期黒字なら「黒字転換=黒転」であり、株価へのプラスのインパクトになりやすい。

ネット証券大手5社個人投資家ランキングのデータ抽出方法
個人投資家人気ランキングは、SBI証券、岡三オンライン証券、カブドットコム証券、松井証券、楽天証券(五十音順、敬称略)の協力を得て、2013年5 〜11月(7カ月分)の期間中の全売買代金データを集計。現物取引と信用取引(制度信用のみ)の売買データをもとにそれぞれを得点化し、その合計得点から総合ランキングを編集部で決定した。
※ 銘柄データに関する注記:現在株価、PER(株価収益率)、PBR(株価純資産倍率)、配当利回り、貸借倍率は、2014年1月8 日現在で、「適正株価」と「日経平均1万8000円なら?」の株価も同日の終値をもとに算出。「前期実績(or 予想)」「今期予想」は経常利益で、2013年12月12日までに開示された決算情報によるもの。チャートは12月12日現在。東マ=東証マザーズ、JQ=ジャスダック。

【銘柄分析を担当!】
小川佳紀
フィスコ 株式アナリスト

外国人投資家の動向や国策などのビッグテーマから、最先端技術や中小型株動向などのニッチなテーマまで幅広くリサーチ。緻密なデータ分析には定評がある。



この記事は「WEBネットマネー2014年3月号」に掲載されたものです。